ヤセソコイワシ そんなに痩せてはいないですよっw

ヤセソコイワシ 深海生物紹介

出典:wikipedia

なんだかかわいらしいですね。

名前の割にそんなに痩せていない(笑)ヤセソコイワシです。

まー体は細身ではあります。

その他のソコイワシ科の仲間と比べると細いということなのですね。

以前紹介した近い仲間では、セキトリイワシなどがいます。

セキトリイワシ どすこ~いっ!!
セキトリイワシ 深海生物紹介 出典:OPNECAGEまたまたパンチのある名前の深海魚・深海生物です。 セキトリイワシの登場です!...
  • 脊索動物門
  • 条鰭綱
  • ニギス目
  • ソコイワシ科
  • 体長 : 約25cm
  • 学名:Bathylagus pacificus

ヤセソコイワシの特徴といえば、何といってもこの大きな目ですね。

かわいらしすぎるっ!!

なんなんでしょうか、ちょっと土偶っぽくもありますね(笑)

まーこれは上の画像だけなのですが(笑)

深海のフクロウ

この大きなガラス玉のような目にちなんで、フクロウウオと呼ばれることもあるそうです。

最近ハリーポッターなどの影響?(笑)で、巷ではフクロウも人気のようですね。

確かに似てなくはないですね(笑)

出典:深海

かっ、かわいすぎるっ!!(笑)

まーあれですね。

フクロウというより・・・カリメロ!!(笑)

完全一致!!(笑)

とにかくかわいらしすぎですね!!

実は裸族

ヤセソコイワシには鱗がありません。

裸族ですっ!!

まーこれ、僕が勝手に言っているだけなのですが(笑)

この鱗がないという特徴にもちゃんと理由があります。

ご存じのとおり、深海は潜っていけばいくほど獲物に出会える確率が少なくなっていきます。

それと同時に、海水に含まれるカルシウムもどんどん減っていくそうです。

早い話が、体を作る栄養素がどんどんと減っていってしまう訳ですね。

なので、自分の体を作るエネルギーを最小限に抑えるために鱗はないのです!!!

なんて便利な体・・・・これも進化のなせるロマンということですね!!

他にも進化いっぱいの体

なので、ヤセソコイワシの体にはたくさん進化している部分があります。

まずは骨が細く、とても軽い骨格をしています。

カルシウムが少なくても大丈夫だということですね。

さらにヤセソコイワシには浮き袋がありません。

ぶにぶにの体を持つ深海魚、深海生物には浮き袋が無いことが多々あります。

サケビクニンなどがそうですね。

陸上に上がってきたときに爆発の心配がありません!!!

まーこれ、人間に捕獲されてしまった場合だけなので、すいませんって感じですが(笑)

サケビクニン 深海生物紹介
(沼津港深海水族館で撮影) アイドル性バツグンのぷにぷにしたあの娘 深海屋が~、沼津港水族館で~、サケビクニンと~、 ...

ヤセソコイワシもブニブニしています。

これは、皮膚の下に水よりも軽いゼラチン層があり、水よりも軽いので浮くというわけですね。

いやぁ、進化しまくっております、ロマンですっ!!

ヤセソコイワシは我らが聖地、駿河湾でも獲れるのでお目に掛かれる機会があるかもしれません。

ちなみにゼラチン質の体の深海魚、深海生物はほぼおいしくはないのでね。

食卓に並ぶ可能性は非常に低いですね(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。