新種のクリオネちゃん、富山湾で発見される!

まさかまさかの富山湾でクリオネ発見!

前回ヒラカメガイのご紹介をしたわけですが、なんとその日にすごいニュースが舞い込んできていました。

ヒラカメガイ なんて素敵なネックレス!
ヒラカメガイ 深海生物紹介 出典:Divung Shop 海童 お久しぶりの深海生物紹介です。 それでは行ってみましょう!! ...

な、なんと!!

富山湾で流氷の天使クリオネちゃんこと、新種のハダカカメガイが発見されたとの事!!

いやぁ、びっくりですね。

実はこれ、以前から報告はあったらしいのですが、サンプルとして捕獲されたのは初めてとの事。

小中学生向けの海洋教室でプランクトンをとるため、船から富山湾の水深700メートルに下ろした網を引き揚げた際、今回新種とわかったクリオネ約30匹がかかっていた。その後も調査のため富山湾で約100匹を捕獲。

(朝日新聞デジタル より引用)

しかも約100匹!!

いやぁ、見てみたいですぅww

今回の発見でハダカカメガイは5種に

2016年11月、オホーツク海で約100年ぶりに4種目の新種が発見されたクリオネちゃんですが、昨年に引き続き今年も富山湾で発見されたという事で、これでハダカカメガイは5種目という事になります。

しかも今回のクリオネちゃん、日本海の固有種である可能性が高いそうです。

また日本が誇れるものが増えそうですね(笑)

あ、そういえば寒い所に住んでいるはずのクリオネが何故日本海で??

と思われる方も多いかもしれませんが、今回発見されたクリオネちゃんは水深250~1050mで発見されたという事なので深海なんです。

深海は水温が低いのでクリオネちゃんも生息できるという訳です。

なので、寒い地域の魚が深海で見つかるというのはそこまで不思議な事ではありません。

・・・・・

いや?あるのか?!(笑)

まーあれです。完全にあれです。

やっぱり深海にはロマンが詰まっていますよね!!

クリオネちゃん達の動画がいくつかありましたので貼っておきます。

まーどれもこれもかわいらしい!!(笑)

しかし今回発見されたクリオネちゃんは色も形も若干ちがいますね。

初めに写真を見たときは金魚なんじゃないかと思いました(笑)

まー完全に写真の写し方だけですがw

今回のクリオネちゃんは全長0・5~5ミリほどだという事で少し小ぶりのようです。

今回見つかった新種のクリオネは、正式名が決まった後に北海道蘭越町貝の館や、富山県の魚津水族館で公開する予定だそうです。

いやぁ・・・・行っちゃいそうです!!!!(笑)

アクアリウム/クリオネ
アクアリウム/クリオネ

posted with amazlet at 17.10.27
イシグロ
売り上げランキング: 60,378

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。