ホソミクジラウオ 深海生物紹介

1

深海の迷彩色 赤をまとったセクシーな魚

なんだかセクシーな体型をもつホソミクジラウオ
腰の辺りがキュッとしています。

深海魚・深海生物の中では女性の憧れの的です(笑)

  • 硬骨魚網
  • カンムリキンメダイ目
  • クジラウオ科
  • 生息地域 : 太平洋・大西洋・インド洋
  • 体長 : 約15cm

このホソミクジラウオ、真っ赤です。
これまた女性が好きそうですよね(笑)

この目立ちそうな赤色、実は深海では見えません。
真っ暗な中では赤色は見えないんです!!深海では迷彩ってことですね。

すごいですね。進化のたまものです。

じゃーみんな赤色に進化すればよかったんじゃないか?
などという指摘は、ロマンが減るのでやめましょう(笑)

ただ、実は深海魚の中に赤外線を出している種がいます。

なんじゃそりゃですよね!!

オオクチホシエソなんかがそうなんですが、発光器が赤色なんです!!
この赤色の発光機、赤外線なので赤色が見えます。

これで、まーいわゆる天敵になってしまいますよね。
進化 vs 進化のいたちごっこが繰り広げられているわけです。

いやーホント、深海はなんでもありです(笑)

つぶらな瞳の代わりに得た謎の器官

しかしこのホソミクジラウオ、退化している部分があります。
それはです。とってもつぶらな申し訳程度の目があります(笑)

深海では視覚はそこまでいらないと踏んだのでしょう。

その代わりと言ってはなんですが、体の横に側線という器官があります。

これは水の振動を感じることが出来るそうです。
もはや我々人間にはどう感じているかはわかりませんね。ロマンです(笑)

進化は目より側線を選びました。天は二物を与えずです(笑)

ツルンとしたフォルムが魅力的

しかしなぜクジラウオというのか?それは体の特徴にあります。
まークジラウオ科の魚達が、クラジに似てるっちゃ似ています。
でももっとクジラに近い特徴があります。

それは、背ビレがありません。ウロコもありません。
この姿形からクジラウオと名づけられたようです。
ただ、哺乳類ではありません。ウオだけに(笑)

英名もまんまのWhalefish、ホエールフィッシュです。

マニアックな存在なので、グッズなんかないだろうなと検索してみたらありました!!

海洋堂さんから小さいフィギュアが出ているようです。
海洋堂さんのフィギュア、とてもすばらしいですよね!!

ほんとに様々なジャンルや種類を網羅しています。なんならちょっと働いてみたいくらいです(笑)
これはダイドーさんがボトルキャップとしてペットボトルのおまけに付けていたようです。今ではもう手に入りにくいかもしれません。

ikunocco-img600x450-13654762641wnnlk14717[1]


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。