京都水族館へ行ってきた その4 -うみの洞窟-

京都水族館第4回目です。

第1~3回目はこちら

京都水族館へ行ってきた その1 -梅小路公園-
今年のお正月はしんかいマンと京都水族館へ行ってきました!! まーね。何度か行ったことはあったのですが、紹介した事は無かったです...
京都水族館へ行ってきた その2 -京の川-
ということで、京都水族館編行ってみたいと思います!! まずは入場券を購入 街中の水族館らしく近代的な造りになっていますね...
京都水族館へ行ってきた その3 -海獣王国-
の第3回目です。 第一回、二回目はこちら。 もうちょっと続く第一エリア : 京の川 オオサンショウウオエリ...

お次は第4エリアなのですが、入ると「うみの洞窟」という名前が付いています。

なんなんだろう・・・と想ったのですが、入って納得。

なんだか洞窟っぽ~い(笑)

全体的に青い色で統一されており、青の洞窟を意識しているのでしょうか。

癒されますねぇ。

上を見上げると・・・

円形に作られたのぞき窓のようなものがあり、洞窟感が一層引き立たされております。

ここにも魚が泳いできて・・

か、かっこいいっ!!(笑)

第4エリア : 京の海

さて、ここからが第4エリアなのですが・・・・

先ほどのうみの洞窟と同じ水槽なんです。

うみの洞窟は水槽を横から覗く感じ、第4エリアは真正面から見る感じになっています。

これがね。

またなかなか雰囲気のある癒しの空間になっているんです。

なんと!!

地べたに座れるよう、絨毯が敷き詰められております!!

いやぁ、これなかなかいいですよ!!

椅子が設置されてあるところは結構ありますが、こんな風に地べたに座り込んで水槽を眺められる所は少ないですね。

だって、絶対掃除めんどくさいですもん(笑)

このひと手間、ありがとうございます!

しんかいマンも座り込みます。

さて、これはなかなか動かないやつですね(笑)

仕方がないので僕も座り込みます。

いやぁ、これ・・・・

癒されるぅぅぅぅ(笑)

目線を下げる事によって、全体がより大きく感じることが出来ます。

これ、何時間でも座ってられるやつですね。

この感覚も体感してみないと伝わりきれないと思うので、詳しくは現場で!!(笑)

この第4エリア、うみの洞窟の逆側からも覗けるようになっており、その名も!!

サメの洞窟!!

そそられますねぇ(笑)

覗きこむと・・・・

さめっ!!

魚影(笑)

いやぁ、暗くて写んないんです(笑)

しんかいマンがはりきって「俺が動画とってきたるわっ!!」

と言って動画を撮ってきてくれたので一応アップしてみます(笑)

く、暗い(笑)

しかしこの暗さがまた雰囲気をかもしだしていい感じです。

現場でお楽しみください(笑)

結構な数のサメちゃん達がいるのでなかなか見応えはありますよ!!

ただ、京の海なのでね。

そこまで凶暴なサメはいません。なんてったって癒しの空間ですので(笑)

第5エリア : ペンギンスカイウォーク

お次は第5エリア、ペンギンエリアなのですが・・・・

きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!

ち、中止ですって!?

どこの水族館も現在屋外展示を中止しているようですね。

かわいいぺんぎんちゃん達の為ですもんね。

まー仕方ありません。

ん・・・

んん・・・

んんんん・・・・???

素朴な疑問にお答えしましょう。

「ペンギンって鳥???」

これね。

鳥です(笑)

正確には鳥類ですね。

しっかりとWikipediaにも書いてあります(笑)

ご存じの通り、ペンギンは空を飛べません。

しかし飛べない鳥って、実はけっこういるんですよね。

ダチョウ、エミュ、キゥィ、ドードー、にわとり・・・は微妙ですね(笑)

まーそんな感じです(笑)

これらの鳥は飛ぶ必要が無いので飛ぶことを止めてしまったと言われています。

まーホントのとこはわかりませんが(笑)

深海魚、深海生物と同じですね。

どこかを進化させ、どこかが退化するのですね。

まーいつものあれです。ロマンですっ!!

・・・しかし、ペンギンは飛びますっ!! 海の中をっ!!

これを飛んでいると言わずしてなんと言う!!!

まー泳いでるんですが(笑)

ちなみに生物学的にも骨格、器官共に鳥類だということです。

ということで・・・・

ペンギンは鳥インフルエンザにかかります!!

飼っている方はご注意ください!!!!

って、あんまりいないですよね(笑)

でもペットショップで見かけたことがあるのでね・・・・

ということで、次回へ続きます!!

続きはこちら。

京都水族館へ行ってきた その5 -さんご礁のいきもの-
京都水族館編、第5回目です。 第1~4回はこちら 2階へ続く階段 ペンギンウォークには入れなかった...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。