フジヤマカシパン 完全に某パンメーカーなネーミング(笑)

フジヤマカシパン 深海生物紹介

1

出典:沼津港深海水族館Twitter

とにかくすごいネーミングなフジヤマカシパン。

やりすぎです(笑)

  • 棘皮動物門
  • ウニ網
  • タコノマクラ目
  • カシパン亜目
  • 体長 : 約20cm
  • 生息地域 : 太平洋
  • 学名 : Laganum fudsiyama

研ぎ澄まされたネーミング

フジヤマの部分はまーあれです。

日本が誇る、あの富士山ですね。
たしかに美しい形をしています。

しばらく見ていると、裾野に樹海が見えてきそうです(笑)

そしてカシパンの部分。

いやぁ、わかりませんよね。
全く想像もつきません。全くつきませんよぉ(笑)

それが・・・・な、なんと!!

菓子パンからきているそうです(笑)
想像はしていましたが・・・
「ま、まさか菓子パンではないよね。違うに決まってるよね。。。」
というみなさんの期待を裏切ることなく、やはり菓子パンから来ているそうです。
名前を付けた方のネーミングセンスに脱帽です(笑)

mainimg_pdtdtl18

出典:山崎製パン
いやこれ、一度聞いたら忘れられない名前ですよね。
この姿形、もうフジヤマカシパン以外の名前はありえません(笑)

実はウニの仲間

こんなに丸っこく平べったく、中央部分は山のようにそびえ立っているフジヤマカシパンですが、上記データ通りウニ網なので、ウニの仲間なんです。

ウニといえばトゲトゲな姿を想像しますが、フジヤマカシパンにも棘が付いています。
しかしウニらしい棘ではなく、苔のように長さは短く、そしてやわらかく、すぐに折れてしまうそうです。

緑色型変身タイプ

フジヤマカシパンの最大の特徴と言えば・・・

なんと!!

弱ってしまうと緑色に変色してしまいます!!!

81

出典:鳥羽水族館 飼育日記
これは殻の内部から体腔液という体液の一種が浸透してきているそうです。

これはあれですね。
弱ってしまっているので、捕獲されないよう威嚇しているのかもしれません。底引き網にかかって上がってくる事もあるのですが、殻が緑色に変色してしまっているものがほとんどだそうです。

フジヤマカシパンは沼津港深海水族館、鳥羽水族館などで飼育、展示されていました。

しかしそこはやはり深海魚、深海生物。
なかなかめったに見れるものではありません。

もし水族館で見かけた方はものすごくラッキーです!!
自慢してみてください(笑)

グッズは・・・・難しすぎですね(笑)

あれですね。

菓子パンでも作りますか(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。