ウロコムシ THE・剛毛

ウロコムシ 深海生物紹介

1

出典:深海探索

なんだか変わった生物ですね。

まー深海魚、深海生物は全て変わっていると言えますが(笑)

このウロコムシ、なんと!!!

ウロコが付いています!!

すいません、まんまですね(笑)

  • 環形動物門
  • 多毛綱
  • サシバゴカイ目
  • ウロコムシ科
  • 生息地域 : 世界中
  • 体長 : 様々
  • 水深 : 1000~2000m
  • 学名 : Polynoidae
  • 英名 : scale-worm

深海性のゴカイは飛び道具(笑)

ムシという名前が付いていますが、ウロコムシはゴカイの仲間です。

今まで紹介したことのある生物にもゴカイの仲間達がいます。

オヨギゴカイチューブワームグリーンボンバースキッドワーム、ゾンビワームなどですね。

オヨギゴカイ 深海生物紹介
出典:wikipedia 深海生物の中にはゴカイの仲間が数多く存在します。 今までもチューブワーム、グリーンボンバー、スキッドワ...
チューブワーム 深海生物紹介
出典:wikipedia 深海のオアシスに棲む謎生物 この意味不明な生物、植物のようにも見えますが、れっきとした深海生物です。 ...
グリーンボンバー 深海生物紹介
出典:NATIONAL GEOGRAPHIC 深海魚、深海生物には変わった名前、インパクトのある名前が多数みられますが、その中でも一際...
スキッドワーム 深海生物紹介
出典:NATIONAL GEOGRAPHIC かなり最近発見されたヘンテコ深海生物 深海魚、深海生物の中でもなんじゃこりゃ感が激しい...
ゾンビワーム 深海生物紹介
出典:カラパイア ホラー系環形動物 またまたホラー系深海生物の登場です。 深海魚、深海生物にはよくホラー系の名前が使用されていますが、...

ほんと、ゴカイの仲間たちは個性的ですね。

並べてみるとなんかカラフルですし、へんな生物ばかりすぎて謎が深まる一方ですね(笑)

完全に飛び道具感満載なやつです。

やっぱりウロコ

ウロコムシの鱗は、魚類についているウロコと同じです。

実はウロコではありません!! ・・・何てことは今回は言いません!!(笑)

正真正銘、ウロコです(笑)

ちなみにウロコについて詳しく知りたい方はこちらから!!

決して説明するのがめんどくさいわけじゃありませんよ?

・・・・決して!!・・・(笑)

しかし普通のウロコとはやっぱりちょっと違います。

このウロコムシのウロコ、外部からの刺激で簡単に剥がれてしまうそうです。

ハダカ系と同じですね。裸族です。。。いや、今回は裸族ではありません(笑)

なんなら自分でウロコを切り離す種もいるそうです!!

これは、外敵に襲われた時ウロコを切り離し、そのウロコに気を取られているうちに逃げるのではないかと考えられています。

今のところ目撃はされていないので、ロマンです!!

やっぱり白いあの周辺の生物

2

出典:鳥羽水族館 飼育日記
画像を見ていただいたら分かる通り、深海に住む生物にしては白いです。

これはあれです。熱水噴出孔近辺に住んでいるという事ですね。

ゴエモンコシオリエビシロウリガイイエティロブスター、などと同じです。

ゴエモンコシオリエビ 熱水噴出孔から来た大泥棒
ゴエモンコシオリエビ深海生物紹介 出典:JAMSTEC久々の白い深海魚、深海生物です。ゴエモンコシオリエビの登場です。 とっても...
シロウリガイ 深海生物紹介
出典:JAMSTEC 深海には貝類も存在しますが、深海魚、深海生物ではけっこう珍しい二枚貝である、シロウリガイの登場です。 このシロ...
イエティロブスター 深海生物紹介
深海に棲む雪男?? みなさん、UMAという言葉をご存知でしょうか。馬ではありませんよ(笑) 正確にはユーマと読むそうです...

並べてみるとみんな白い(笑)

ということは、ご飯は硫化水素を利用しているバクテリアという事になるのですかね。

今のところ生態については解明されていないそうなのですが、まーたぶんそんな感じです(笑)

THE・剛毛

ウロコムシは画像を見ていただけたら分かる通り、針のような毛がびっしり生えています

これを足のように動かすことも出来るそうです。

なんて高機能な剛毛(笑)

僕も欲しい・・・・・ゲームで連射なんて、すごい速さで出来るでしょうね。

スマホのアプリなんて最高なはずです(笑)

こちらの方でブログに書かれておられたのですが、タコやイカにこのウロコムシの剛毛が刺さっている事があるそうです。

とりあえず、食べても大丈夫だそうです(笑)

さらにこのウロコムシ、光ってしまう種もいるそうです!!!

6

出典:National Geographic

深海に住むこのウロコムシは濃い青色のグラデーションで点滅するウロコを持つが、まったく光のない場所に住んでいるため、ウロコが光る理由はよくわかっていない。「硬い毛のような足で海底をぎこちなく歩き、なにかの小さな粒やかけらを拾って(食べて)いる」と、調査チームのモンティ・プリエデ氏は話す。

この奇妙な生物は、イギリスで最も深く潜ることができる遠隔操作無人探査機(ROV)イシスによって大西洋中央部で2010年6月に発見された。イシスは水深3600メートルに及ぶ深海を調査し、実に豊富な海洋生物が生息することを明らかにして研究チームを驚かせたとプリーデ氏は説明する。

2010年に発見されたそうですが、すばらしく美しいですね!!

とても生物だとは思えませんよね。

やはり深海のゴカイの仲間達は飛び道具すぎますね(笑)

身近にいるウロコムシ

深海生物としてウロコムシを紹介しましたが、実はウロコムシというのは・・・

環形動物門多毛綱遊在目ウロコムシ科に属する種類の総称。

ということで、かなりの数の種類が存在します。

今回紹介したのは深海性のウロコムシで、その他浅瀬や岩場にも存在しています。

なので、海にお出かけした時にウロコムシを探してみることも可能です。

まーあれです。ゴカイなのでね・・・・・。

たぶん気持ち悪いと思われる方が多数いると思われます(笑)

僕はホント、かわいく見えてしまうのですが・・・・ある意味病気ですね(笑)

チャレンジャー、募集中です(笑)

せっかくなので普通のウロコムシの動画を貼ってみます。

ほんと多種多様、様々なウロコムシが存在しているのですね。

深海性ゴカイシリーズのグッズとか作ってみたいですが・・・たぶん人気なさそうです(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。