カブトウオ・ヨロイギンメ とにかくかっこいいっ!!

カブトウオ・ヨロイギンメ 深海生物紹介

8

出典:みんカラ
いかついお顔の深海魚、深海生物です。

カブトウオの登場です。

なんでしょうか、ドクロっぽくもありますね。

  • 脊索動物門
  • 条鰭綱
  • クジラウオ目
  • カブトウオ科
  • 生息地域 : 太平洋、大西洋、インド洋
  • 体長 : 約14cm
  • 学名 : Poromitra crassiceps

かっこいいですねぇ。

やっぱり黒くてゴツゴツしている深海魚はかっこいいです。

オニキンメなどに近い感じの風貌ですね。

オニキンメ 深海生物紹介
顔だけイカツイ キメンダイのなかま 深海魚、深海生物いかつい顔選手権NO1、オニキンメの登場です。 なんてったって顔だけいかつい...

オニキンメと比べると、あのがっつりとした牙のような歯がありません。

シャア専用カブトウオ(笑)

その代わりと言ってはなんですが、顔に特徴があります

なんと!!

このゴツゴツとした顔、骨なんです!!

まーそりゃみんな顔に骨はあるでしょうと思われますが、かなりの浮き彫りっぷりです!!

目の周りのまるで仮面のような部分もすべて骨です。

シャア・アズナブルの仮面と完全一致ですね(笑)

5

この顔面凶器のようなゴツゴツ感が兜っぽいところからカブトウオという名前が付いているのです。

予想通り、漢字で書くと「兜魚」です。

漢字で書いてもなんだかかっこいい(笑)

さらにカブトウオにはかっこいい特徴があります。

なんと!!!

頭の上にのこぎり状のトサカがあります!!

これもあれですね。です!!

1

出典:深海魚ってどんな魚-驚きの形態から生態、利用―
ベッカムくらいのソフトモヒカンですね(笑)

しかしのこぎり状なので、触るとかなり痛いです。

これで獲物を調理しま・・・・・・せん!!(笑)

しかしそこは深海魚、深海生物。

なにが起こるかわかりません。

ロマンですねぇ(笑)

いろいろなカブトウオ

カブトウオはカブトウオ科に属しているのですが、オオメカブトウオ、チヒロカブトウオなど5属36種もいるそうです。

その種類の多さから大型の深海生物の獲物として重要な役割を果たしているそうです。

まーそんな地位はいらないでしょうけど(笑)

さらにはカブトウオという名前がついていない種もいます。

ヨロイギンメなどがそうですね。

78

出典:水産総合研究センター
ヨロイギンメには頭の上のトサカがありません。

そしてカブトウオより少し小ぶりですね。

しかしれっきとしたカブトウオ科であり、ゴツゴツしています。

やはりかっこいい。

実は古代種

しかしこの質感、ゴツゴツ感、何か有名魚に似ていますよね。

そう、あの深海魚、深海生物界のスーパースターシーラカンスです。

シーラカンス 深海生物紹介
超有名人 生きた化石シーラカンス 深海魚、深海生物の中では知名度NO.1のシーラカンスです。 知らない人を探す方が難しい(笑) ...

たしかに親近感がハンパ無いですね。

ウロコのゴツゴツ感がそうさせているのでしょうか。

あのジブリの作品、崖の上のポニョにもカブトウオらしき魚が多数登場していました。

崖の上のポニョには深海魚が多数出演していた事実
ある日のしんかいマンとの会話。 子「パパ、めっちゃいいこと教えたろか?」 ぼく「お、なんや、教えてくれ!」 子「実...

ホントロマンの塊ですね!!

カブトウオのグッズ・・・・やっぱり兜ですかね(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。