水深7000m超の深海を探査 新たな潜水艇開発へ

JAMSTEC_Deep_Sea_ROV_kaikou7000

楽しみなニュースです。
深海の無人探査機、かいこうが改良されるようです。

日本周辺の海域の今後の深海探査の在り方を考える文部科学省の委員会が開かれ、世界でも探査が進んでいない水深7000メートルより深い場所まで潜れる新たな無人の潜水艇を開発し、生態系や地震のメカニズムなどの解明を目指すとともに、比較的浅い水深3000メートルまでの場所では、海底に眠っているとみられる資源の探査を効率的に進められる新たな技術の開発を急ぐ方針がまとめられました。

(出典:NHKニュース)

無人探査機 かいこう

かいこうは無人の探査機で、これまで数々の調査に使用されてきました。
中でも平成7年には、マリアナ海溝の最深部である「チャレンジャー海淵」に到達。泥の採取などをすることに成功しています!!

つまり、世界で一番深いところに到達したということになります。素晴らしい!!

有人潜水艇も開発開始!

一方、日本の有人探査艇と言えば、しんかい6500ですよね。

しんかい6500

NHKニュースによれば、しんかい6500が古くなってきたとの事で、現在1位の中国の有人探査艇よりも性能の高いものを開発するそうです。

現在、日本が保有している潜水艇「しんかい6500」は、人が乗る潜水艇としては世界で2番目に深い、水深6500メートルまで潜ることができ、深海の生態系や、地震や火山活動に伴う海底の地形の変化などを調査しています。
しかし「しんかい6500」が、完成から27年がたち、古くなってきたことから、文部科学省の委員会が、今後の深海探査の在り方を議論し、1日の会合で方針を取りまとめました。

それによりますと、世界でも探査が進んでいない水深7000メートルより深い場所まで潜れる無人の潜水艇を新たに開発し、生態系や地震のメカニズムなどの解明を目指すとしています。そして、人が乗れるものとしても、水深7000メートルより深い場所まで潜れる新たな潜水艇の開発を目指すとし、実現すれば、現在1位の中国を抜くことになります。

(出典:NHKニュース)

おおお!!素晴らしい!!
これで現在7000mまで潜行可能な中国の探査艇を超えることができるかもしれません。

本当の1位は?

ところで、このようなニュースがNHKニュースで配信されていましたが、深海に詳しい方なら「あれ?」と思われた方もいるかもしれません。

実は!!

7000mよりも深い海に潜る事ができた有人の探査艇がすでに存在していました。

1960年に…

それがこの有人探査艇、トリエステです。

トリエステ

トリエステはスイスで設計され、イタリアで進水。
その後、紆余曲折あってアメリカ海軍に買い上げられることになります。

そして1960年1月23日。

5時間かけて深海の底へ潜ることに成功しました。

潜った先はマリアナ海溝、チャレンジャー海淵
そう、海底10911m、地球上の海で最も深い場所です!!!
なんとなんと、今から50年以上前に、人類はすでにマリアナ海溝の最深部に到達していたじゃありませんか(笑)

というか、中国も日本も今更6000mや7000mで競い合っているのがちょっと低レベルに思えてきましたが…実はそうではありません。

この記録、実に50年以上も肩を並べる潜水艇がいなかったのです!
時代を超えて語り継がれる偉業とはまさにこのことですね。

トリエステ号はその後大西洋での探査に従事し、引退・そして解体の道をたどります。
もしかすると、チャレンジャー海淵での探査はダメージが大きかったのかもしれませんね。乗組員の方々も、決死の覚悟だったと思われます。

そしてジェームスキャメロンさんが…

そして、以前にもこのブログでご紹介したエピソードがありますよね。

そう、映画監督のジェームズキャメロンさんが、深海好きすぎて開発してしまった深海探査艇ディープシー・チャレンジャー
しかも自分が乗るために作られた探査艇です。ハンパない冒険心です。

「何があるかわかっていたら、行く必要はない」映画監督 ジェームズ・キャメロンが凄すぎる件
超有名監督は深海がお好き? たまには映画関連のお話でも。 映画監督のジェームズ・キャメロンさん。 この方の代表作は「ターミネー...

2012年、トリエステが到達して以来二度目となる地球の最深部への到達を果たしています!

日本がしんかい6500を超えるマシンを作ろうと必死になっている間に、実はすでにたくさん先を越されていたのですね(笑)まー安全で確実で、何度でも調査する様々なものを付けるにはなかなか大変なのでしょう。きっとそうに違いありません(笑) 調査艇での記録ということなので・・きっとそういう事なはずです(笑)。
なおかつ、現在1位の中国のシーポール級潜水艇、蛟竜号も2012年6月24日には7,020mに到達したとなっておりますが、ホントのところはどこまで潜って調査出来ているのか、謎に包まれております。…ニュースもロマンです(笑)


とにかく、次回のJAMSTEC様の開発で過去の偉業に肩を並べることができるのか…注目したいところです!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。