フシギウオ 深海の不思議ちゃん

フシギウオ 深海生物紹介

9

出典:水産研究・教育機構 開発調査センター
深海には謎めいたものや、摩訶不思議な深海魚、深海生物が多数いますが、もしかしてこれが本家本元!? と思われても不思議ではない名前のフシギウオの登場です(笑)

  • 脊索動物門
  • 条鰭綱
  • カンムリキンメダイ目
  • フシギウオ科
  • 生息地域 : 太平洋、大西洋
  • 体長 : 約10cm
  • 学名 : Gibberichthys pumilus

もしかしてワルノリですか?

なぜこのような名前になったのでしょうか・・・完全にある意味ワルノリですね(笑)

上の写真は標本なので姿形がわかりにくいのですが、実際はそれほど特徴が目立った魚ではないそうです。

ちなみに漢字で書くと「不思議魚」。まんまです。

やはりこの名前はワルノリなのでしょうか・・・・(笑)

しかし実は少し違います。このフシギウオ、幼体時代はかなり不思議な姿形をしているんです!!

幼体時代は摩訶不思議・・・

なんと!! 幼体時代はミツマタヤリウオホテイエソのようにぶわっと伸びた枝のようになっている腹ビレを持っています。その長さは自分の体長を遥かに超えているそうです。

ミツマタヤリウオはもともと体が長いのでそこまで不思議ではないし、ホテイエソはそこまで長くはありませんので不思議ではありません。

しかも深海魚、深海生物の特徴でもある発光をするのでやっぱりそこまで不思議ではありませんよね。いや、ホントは不思議なんですがね(笑)

さらにフシギウオの腹ビレの先には葉っぱのような房状官器官がついています!!

1

出典:深海水族

なんなんでしょうかこの姿。ほんと不思議ですねぇ。そりゃフシギウオという名前を付けたくなりますね(笑)

この絵で見ると、葉っぱというよりはフジツボがついているようにも見えます。

そしてこの器官を海底にずるずると引きずりながら泳ぐそうです。

いやぁ、不思議(笑)

なにかセンサーのような役割をしているのですかね。

一説によるとこの器官を使ってクラゲ擬態したり、天敵に襲われた際にこれを囮にして身を守ると言われていますが、ホントのところは謎に包まれています。

そりゃフシギウオなんでね。多少の不思議感は残しておきたいところですね(笑)

ミツマタヤリウオ 深海生物紹介
ウミヘビのような姿を持つこのミツマタヤリウオ。 深海生物、深海魚の中でもかなりのホラー感をかもし出しております。 THE深海...
ホテイエソ 深海生物紹介
エイリアンと比較されるほどの地球生物離れしたルックスで一部のマニアに人気の深海魚。 本日はホテイエソについてご紹介します。 ...

成体になると!?

フシギウオは成体に成長すると、この長い器官は無くなってしまうそうです。

そして・・・これといって特徴のない姿に変わるそうです。

まー目も大きいしゴツゴツしてるし特徴はあると思われるのですが・・・・(笑)

幼体時代が不思議すぎて、比べてしまうとまー普通ですね(笑)

フシギウオの幼体は、初めて発見された時全くの新種と判断され新しい科が新設されたのだそうですが、のちにフシギウオの幼体だと判明したそうです。

稚魚は腹鰭に著しい特徴をもつことから、1965年に Kasidoron edom Robins & De Sylva, 1965 という新属新種の魚として記載され、本種のために新しく Kasidoronidae という科も立てられたが、のちにフシギウオの稚魚と判明しシノニムとなった。

(wiki より引用)

これはこれで不思議ですね(笑)

あら、摩訶不思議(笑)

そして・・・・・

なんと!!! マカフシギウオという名前の魚も存在します!!

ちなみに漢字で書くと「摩訶不思議魚」。まんまですが不思議です(笑)

なんだか突っ込みどころが満載ですが・・・

2005年には日本からも稚魚が記録され、その報告の際にマカフシギウオという和名が提唱された[1]。胃の内容物の分析から、甲殻類などの動物プランクトンを食べていると考えられている。当初はフシギウオの稚魚のために立てられた Kasidoron属に分類されて記載されが、のちに Gibberichthys属に所属変更となった。

(wiki より引用)

ということで、フシギウオの後に発見されたようです。

たぶん・・・・少々ワルノリが含まれていると思われます(笑)

しかしやはりフシギウオだけあって、不思議なほど情報が少ないです。

人間に置き換えると完全に不思議ちゃんですね(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。