ヒカリダンゴイカ な、なんと!!あの部分も光っちゃう!?

1

久々のかわいらしい系のイカの登場です。ヒカリダンゴイカです。
とにかくかわいらしい!!

  • 軟体動物門
  • 頭足綱
  • コウイカ目
  • ダンゴイカ科
  • 体長 : 約3cm
  • 生息地域 : 世界中
  • 学名 : Heteroteuthis (Stephanoteuuthis) atlantis Voss

ダンゴイカという名前なのですが、まんま、団子のように丸い形をしています。
イカなので目もまん丸で大きく、とにかくいろいろ丸くてかわいいです。

やはり丸いものはかわいいものがおおいですね。かわいいは正義です!!
とりあえず、光らない方ですが、ダンゴイカの動画をご覧ください(笑)

いやぁ、かわいすぎるっ!!!
これは完全にアイドルイカ街道まっしぐらですね!(笑)

グッズにもしやすそうです(笑)

動画を見ていただいたら分かると思うのですが、ダンゴイカにはかわいいもうひとつの特徴があります。
よく見ると何かひらひらと羽ばたかせながら泳いでいます。

なんと!! 外套部の一部が耳のような形をしています!! メンダコジュウモンジダコ

などと同じ特徴をもっているんです!! かわいいのも頷けますね(笑)

メンダコ 超キュート! あなたのハートをワシヅカミ!
メンダコ 深海生物紹介 宇宙人?未来人?天使?深海のアイドル メンダコ 深海魚、深海生物の中のアイドル!!メンダコです。 パっと見...
ジュウモンジダコ 深海生物紹介
出典:JAMSTEC ヒレでパタパタ…は、メンダコだけじゃない! メンダコと並び、深海タコの中で人気沸騰中のジュウモンジダコ。 ...

出た!カウンターシェーディング

ヒカリダンゴイカということで、発光器を持っています。

ダンゴイカ科で発光器を持つイカといえば、以前紹介したこともあるギンオビイカなどがいます。

ギンオビイカ 深海生物紹介
(出典:e-hon キレイでかわいい深海のイカ なんだかまるっこくてかわいらしいイカ、ギンオビイカ。 とても煌びやかでピカピカして...

ヒカリダンゴイカはそこまでの数がまだ捕獲されておらず、光る原理は未だに解明はされていないそうです。
しかし、かの有名な(笑)カウンターシェーディングを使用すると言われています。

しかしそこは深海魚、深海生物。ホントのところはわからないそうです。

このフレーズ、久々(笑)
ヒカリダンゴイカの中で、比較的捕獲されているのがハワイ周辺で捕獲されているハワイヒカリダンゴイカなのですが、ハワイヒカリダンゴイカはバクテリアが光を発しているそうです。

まーとりあえず、この辺は謎のままにしておいたほうがロマンが膨らんでいいのかもしれませんね(笑)

墨が光る

そして、ヒカリダンゴイカもギンオビイカと同じく、墨を吐きます。
そして・・・・その墨、なんと!!!光ります!!!

ギンオビイカはトゲオキヒオドシエビの発光液を体に蓄積してそれを発射し、墨を光らせるのですが・・・
ヒカリダンゴイカの発光原理は、上に記載した通り判っていません。

まーとにかく光る墨を発射し、それをダミーにして敵が気を取られている間に逃げるというファイナルウェポンになっていると思われます!!!

この辺も謎のままにしておいて、ロマンを膨らませておきましょう(笑)

ヒカリダンゴイカの動画を探してみたのですが、JAMSTEC様のサイトにハワイヒカリダンゴイカの動画がありました。
興味のある方はこちらからどうぞ!!

もうひとつ光らないダンゴイカの動画で今日は締めさせていただきます(笑)

see you !!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。