カエデゾウクラゲ 忘れはしないよ時が流れても(by スピッツ)

カエデゾウクラゲ 深海生物紹介

1

出典:まいにち青海島
またまた変わった深海魚、深海生物をいってみたいと思います。

形も摩訶不思議ですが、特徴もまた奇想天外なカエデゾウクラゲです。

  • 軟体動物門
  • 腹足綱
  •  ゾウクラゲ科
  • カエデゾウクラゲ属
  • 生息地域 : 太平洋
  • 体長: 約2cm
  • 学名 : Cardiapode placenta

カエデゾウクラゲですが、まずはカエデの部分。
まー楓っぽいからでしょう(笑)

一般的に楓というのは紅葉の事を指しますが、正確にはかえで科の落葉高木の総称だそうで、落ち葉のような形だということですね。まーわかります。

そして次はゾウの部分ですが、これはまんまです。
胴体は長い円筒形をしていますが、画像で見ると右にちょっと曲がってから伸びていっている部分がありますよね。
あそこが頭部になり、口吻になっております。

長く伸びていっている所が象の鼻のようなのでゾウという名前が付いています。まーそこまで長くはないですが、ロマンです(笑)

クラゲじゃないのかカエデゾウクラゲ

さて、ここまでは至って普通ですよね。
そしてその次、クラゲの部分ですが…

なんと!!!実はクラゲではありません!!!
なんてこったい(笑)

なぜクラゲという名前を付けたのか?まークラゲっぽいからでしょう!!ロマンです(笑)

ではカエデゾウクラゲは何なのか!?
もしかして地球外生物なのか!?

それは…

続きはWebで!!
・・・・・
あ、これWebでした(笑)すいません、調子に乗ってしまいました(笑)

ということで、カエデゾウクラゲはクラゲでは無く、巻貝の一種です!!

ええええええ、マジすか・・・・となりそうですが、似たような特徴のかわいいアイツを紹介したことがありますよね。。。。

そうです。クリオネちゃんと同じですね!!!

天使の乗り物のような形

クリオネ(ハダカカメガイ) 深海生物紹介
出典:wikipedia 流氷の天使 クリオネ 本日はクリスマスイブという事で少しロマンチック生物です。 ちょっと昔に一世風靡をし...

まークリオネは和名、ハダカカメガイという名前なのでちゃんと貝扱いされていますが(笑)
カエデゾウクラゲは、小さい頃はしっかりと殻の中に入って過ごします。

そして成長すると体は大きくなりますが、殻は成長しないので収まりきれず、貝の部分はなくなります。
一説によると殻も一緒に大きくなってしまうと、重くなり浮遊できなくなるので殻は成長しないということです。なかなか理にかなっていますよね。

クラゲという名前は理不尽ですが(笑)

クリオネは流氷の天使と言われていますが、カエデゾウクラゲも天使っぽいですよね。
いや、どちらかというと天使の乗り物っぽいかもしれません(笑) ロマンです!!

動画を探してみたのですが見当たりませんでした。残念です。。。
なので、仲間でもあるハダカゾウクラゲの動画をどうぞ。裸族(笑)です。かわいい!!

なかなか透明な体をしていますよね。
これで深海ではカモフラージュするのですが、よく見ると、何か所かの内臓が丸出しです。
なので敵に見つかってしまうこともしばしば。。。

しかしオレンジ色なので赤っぽく、見えにくくはなっているようです。

動画をみていただいたら分かるとおり、泳ぐのはそんなに得意なほうではありません。
さすが貝類ですね。僕、貝類は大好物なのですが、食べたらおいしいのでしょうか?

もし食べたことがある方がおられましたら教えてください!!
クリオネとカエデゾウクラゲのコラボグッズとかなかなかオシャレっぽいですね!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。