南オーストラリアの海に挑む!爆笑問題の深海WANTEDまとめ&感想(4)

90

無事キングクラブの捕獲、展示に成功した沼津港深海水族館の石垣館長。

南オーストラリアの海に挑む!爆笑問題の深海WANTEDまとめ&感想(1)
5/22に放送された「爆笑問題の深海WANTED」。 深海屋ブログでも、こんな番組があるらしい!ということで記事にしておりましたが...
南オーストラリアの海に挑む!爆笑問題の深海WANTEDまとめ&感想(2)
5月22日に放映された「爆笑問題の深海WANTED」という番組のまとめ記事、二回目です! 南オーストラリアのサザンオー...

次なるターゲットはこちらの深海生物。

image001

ゾウギンザメ。

今回は、ゾウギンザメ捕獲作戦二回目です。

前回のあらすじ↓

南オーストラリアの海に挑む!爆笑問題の深海WANTEDまとめ&感想(3)
無事キングクラブの捕獲、展示に成功した沼津港深海水族館の石垣館長。 次なるターゲットはこちらの深海生物です。 ...

現地の漁師さんがまさかの交代…

image029

二日という限られた時間で決行されたゾウギンザメ捕獲作戦。
しかし、一日目の漁船の船長が、なんとクビという事態に…(笑)

急遽、イケメン漁師のジェームズに交代しました。
さあ、ど~~なってしまうのか!!!(ガチンコファイトクラブ風)

image030

image031

しかし、このジェームズ、なかなかできる男でした。

ゾウギンザメをおびきよせるために、ガンガン攻めていきます。
というか…前日の漁師さんが何もしなさすぎた様子(笑)

そして、ちゃんとゾウギンザメの特徴もわかっている様子。

image032

これは期待できそうです(笑)

そして早速ヒット!

image033

えとうさんの竿にヒット!!

しかし…

大物と見るや、ダッシュで竿を奪い取る石垣館長。プロの動きしてます(笑)
えとうさんのいる意味は一体…そしてスタッフもフツーに「館長入って!!!」ってガチで言っちゃってます。

image034

そして…

image035

image036

残念!!!!
例のエイ、フィドラー・レイです。

しかし、この生物がいるということはゾウギンザメもそう遠くはないという事です。

と、そこでまた強い反応が!!

image037

image039

う~ん、またフィドラー・レイです。
かなりもどかしい感じを隠せない捕獲チームの面々。

しかしそれにもめげず、ガンガン攻めまくるジェームズ!!!
やっぱりこの人、仕事ができる漁師さんのようです。

image040

そしてやることがなくなったえとう氏

そんなジェームズと館長をよそに…

image041

とにかく、垂らしている竿に反応があったら、一瞬の差でもゾウギンザメを逃すことになりかねません。

image042

えとうはチェックマンになった…

芸人さんであるはずのえとうさんが、全く目立つ事を放棄して、ただのチェックマンに徹します(笑)
ちなみに、ここで悲しげな音楽が流れていました。

しかし、この企画がガチなんだなぁということは伝わりますね!!

そしてなんと、このあとチェックマンえとうに思わぬ活躍の場面が…

image043

ついにゾウギンザメ登場か?!

image044

えとうさん、何かを発見!!!
言葉にならない言葉を発します!!
(活躍の場面ここだけ!!!笑)

そしてすかさず反応のあった竿をゲットし、釣り上げる石垣館長。

image045
image046

しかし、なかなか獲物の姿は見えません。
水中カメラで映像をチェックすると…

image047

おおおおおおっ!!
こ、これは…

image048

ゾウギンザメです。
ついにその姿を現しました。

そして、緊迫した格闘の末…

image049

ついに、ゾウギンザメゲットーーーー!!!

image050

正真正銘、本物の古代魚ゾウギンザメです。
鼻もピロ~ンと伸びてます!

ついに伝説のゾウギンザメを捕獲!しかしまだまだ難所はこれから

image051

幸い、このゾウギンザメは元気な個体だったそうです。
これは期待できますね。

ですが、少しでも環境が悪くなると、一気に具合が悪くなり一歩間違えばお亡くなりになってしまう深海魚・深海生物。
水槽に移すために一瞬水から出すのですが…

image052

走ります!石垣館長ダッシュします!!カッコイイ!

そして、水槽に入ったゾウギンザメ。

image053

ゾウギン

美しい!!!!鳥のように優雅に泳いでいます!!
元気に生きてくれています。良かった~。
めちゃくちゃかわいいです。

しかし輸送には問題が…

ところが、このゾウギンザメを南オーストラリアから日本へ輸送するのは、並大抵ではありません。

image055

image056

300万円かかります(笑)

なんてこった!!!
リアルな数字すぎますね…

しかし!!このままあきらめる石垣館長ではありません。
なんとこのような方法がありました。

image057

ゾウギンザメの卵を日本に送って、日本で孵化させるというのです。
なんちゅう壮大な計画!

これが成功すれば、正真正銘、日本初の孵化、そして展示となります。
しかし、産卵するために浅瀬に出てきているゾウギンザメといえど、そんなに都合よく…

image058

産卵してくれました。
奇跡です(笑)

現在展示中!ゾウギンザメの卵!!

image059

そして日本。沼津港深海水族館です。

image060

無事到着したゾウギンザメの卵!!!神秘的です。
この卵から、うまくいけば一匹のゾウギンザメの赤ちゃんが生まれるそうです。

成功したら、本当にロマンですよね。
捕獲作戦から産卵、そして孵化まで見てから展示を見られたら、感動ドラマですよ!!

image062

もしうまく行けば、九月に生まれるそうです。
南オーストラリアからきた伝説の古代魚、日本で見られるなら絶対行きたいですね!!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。