ペリカンアンコウ ペリカン並みの受け口と収容力

ペリカンアンコウ 深海生物紹介

1

出典:千葉県立中央博物館
ひさひざにアンコウ系をいってみたいと思います。
チョウチンアンコウの画像などを調べていると実は一番よく見かけるのがこのペリカンアンコウかもしれません。

  • 脊椎動物門
  • 硬骨魚網
  • アンコウ目
  • クロアンコウ科
  • 生息地域:太平洋、インド洋、大西洋
  • 体長 : 約9cm
  • 学名 : melanocetus johnsoni

とりあえずアンコウ系の特徴はみんなあまり変わりません(笑)
なので足早に行ってみたいと思います。

チョウチンアンコウ(1) 深海生物紹介
さて、それではお待ちかねの深海生物紹介シリーズ。 まずは深海魚といえば外せない、チョウチンアンコウ!! 特徴としては、名前の...
チョウチンアンコウ(2) 深海生物紹介
謎の発光器で発光液ブッシャー!! チョウチンアンコウは発光器で魚をおびき寄せ捕食します。 深海には真っ暗の中、小さい光る...
クロアンコウ 深海生物紹介
出典:MBARI チョウチンアンコウの一種 クロアンコウ 以前紹介させていただいたチョウチンアンコウですが、種類がものすごくあります...
シダアンコウ 深海生物紹介
出典:wikipedia 深海魚、深海生物の中でも代表選手的なチョウチンアンコウですが、数多くの種類が存在します。 ...
ニシアンコウ 深海生物紹介
出典:wikipedia とにかくでかいアンコウと言えばこのニシアンコウ。 なんと… 最大2mもの個体がいます!! 深海...

たるんだお腹…笑

ペリカンアンコウの特徴といえば、やはり上を向いたおっきい口です。
そして中には鋭い歯がずらりと並んでいます。

そして口の下からどかーんと前方に張り出したお腹があります。
この姿がペリカンのように見えるのでペリカンアンコウという名前が付いています。
この部分がお腹なのか、アゴなのか、はたまた何か別の物体なのか(笑)

いまいち判らないのですが、ペリカンのように獲物を入れることが出来るようです。

なんと!!
自分の2倍の大きさの獲物を捕らえていたという報告もあるそうです。

フクロウナギと同じような使い方が出来るのですね。

フクロウナギ 深海生物紹介
口だけで頭の10倍?理解不能なデカ口生物 でっかい口といえば口裂け女かこのフクロウナギです(笑) 深海魚、深海生物の中でもここまで大...

このお腹は、外国でpendulous belly、たるんだお腹と表現されています。
よく言えば愛嬌たっぷりな呼び方ですね。悪く言えば完全に悪口です(笑)

色々かぶってしまうチョウチンアンコウ系の特徴

チョウチンアンコウのチョウチンの部分、この棒のような、釣竿のような器官をイリシウムといいます。
英語で書くとillicium

そして先っちょの光る丸いどんぐり状の器官をエスカと言います。

英語で書くとesca。
チョウチンアンコウの時に書きましたが、エスカは自分で光っている訳ではありません。

発光する細菌が共生しており、細菌が光ります。

それを釣りで使用するルアーのように動かし獲物をおびき寄せ、捕食します。

って、こういう専門的な事はもっと詳しい方が多数おられますので、そちらで見ていただいたほうが確実ですね…。
す、すいません、チョウチンアンコウは特長がいろいろかぶり過ぎていて、ネタが無かったんです(笑)

そして、この説明は全てメスの説明です。

オスは小さく、繁殖期には雄が雌に噛みつき付着します。
が、その期が過ぎると雌から離れる一時付着型だそうです。吸収はされないのですね。

ちなみにペリカンアンコウに良く似たペリカンアンコウモドキというのがいるそうです。
エスカにイボ状突起や皮弁がないことで区別できるそうですが、たぶんパッと見では、ほぼわかりません(笑)

チョウチンアンコウはホントいろんな種類がいるんですね。

…と、いうことで、チョウチンアンコウは特徴がかぶり過ぎていて、いろんなチョウチンアンコウをネタにブログを書くのはなかなか難しい、ということが分かりましたとさ(笑)

でもまた、忘れたころにやってみようと思います。
なぜかというと…かっこいいから(笑)

チョウチンアンコウまとめみたいな感じでやってみようかな(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。