ホクトハダカ 煌びやかで美しく

ホクトハダカ 深海生物紹介

76

出典:AREA BLUE
きらびやかでかわいらしい深海魚、深海生物の登場です。
その名もホクトハダカ!!なんだかインパクトのある名前ですね(笑)

  • 脊索動物門
  • 有顎上網
  • ハダカイワシ目
  • ハダカイワシ科
  • ソコハダカ属
  • 体長 : 約8~10cm
  • 学名 : Benthosema fibulatum

久々に来ました。
裸族ですね(笑)

これ、ぼくが言っているだけなので詳しくはこちらをどうぞ(笑)

チョウチンハダカ 深海生物紹介
出典:ブックマン社 深海魚通信 深海魚、深海生物はよく変わった進化をしていますが、進化か退化か分からないものがたくさんあります。 そ...

脱がされ上手

ハダカ系といえばあれですね。ウロコがほとんどありません。

ほとんどということなのですが、実は元々はついています

しかしそのウロコは剥がれやすく、捕獲した時には網などに当たって取れてしまい、ほとんどついていない状態になってしまうそうです。

なので、捕獲された時にハダカにされているという事ですね。

いやんっ、エッチ!!!

というセリフが聞こえてきそうですね(笑)

下ネタではありませんよっ!! 決して下ネタではありません(笑)

1

しかしきれいですねぇ。

しかし実はこれ、写真を撮った方がすばらしく上手なのです。

この煌びやかな色合いは光を反射して光っています。

クシクラゲなんかと同じような感じですね。

クシクラゲ 深海生物紹介
出典:wikipedia なんだかとってもきれいですね。 クシクラゲの登場です。 上の画像はカブトクラゲといいますが、クシクラ...

実際の色は褐色で暗い色をしています。

しかしこのホクトハダカ、なんと!!!!! 体に発光器を持っています!!

なので、実は光を反射していなくても煌びやかできれいです。

仲間とのコミニュケーションや、深海魚、深海生物の必殺技!!! カウンターシェーディングにも使用されるということです。かっこいい!!

0

ダイビングで遭遇!!!

ホクトハダカは、まれに浅瀬に出没するそうです。

なのでダイビングで遭遇することもあるそうです!!

これは深海魚、深海生物の特徴でもあるのですが、主に夜間に上がってくるそうなのです。

出会ってみたいですねぇ。何人かの方がブログにアップされていました。

バリ島ダイビング+ライフ

うきくさ・・・ただよふ

くうぅぅう、うらやましい・・・・(笑) バリ島で遭遇することが多いようです。

大人って怖い・・・

ホクトハダカは日周鉛直運動により、表層で得たエネルギーを深海へと運ぶ重要な役割を担っているといわれています。

どういう事かと申しますと・・・・

ホクトハダカが表層でプランクトンなどを捕食し、深海へと運びます。

そこでフンなどをして、またそのフンなどを食べる生物がいるという訳です。

人間に置き換えると・・・・やめておきます(笑)

いわゆるマリンスノーになるという訳ですね。そこまでならいいのですが・・・

まーあれです。ホクトハダカも餌になるという訳です。

きやぁぁぁああぁぁ、いやん(笑)

まー食物連鎖でそうなってしまうのですが、日周鉛直運動というなんだか健康的な、まるでラジオ体操のようなポップなネーミングにしてしまうなんて・・・

大人って怖い(笑)

え!?別にポップじゃないって?

・・・・そういう事にしておいてください(笑)

まーしかし世の中そんなもんですね。いいことばかりでは成り立ちません。

ツライ時でもやらなければいけない事も多いですね。

がんばりましょう!!

まーあれです。

人間に置き換えると日周鉛直運動という言葉を考えたのはどこかの偉い人ですね。

民衆は自発的に動いているので社会主義的な感じです。。。

あれ、なんか違うな(笑)

そんな洗脳的なものではないですね(笑) みんなそれぞれが一生懸命生きています。

とにかくあれですね。

日周鉛直運動をしてくれる生物がいないと、全ての生命は成り立ちません

海の生物達に感謝です(笑)

って僕は何を言ってるんですかね(笑)

タベルナキケン

ホクトハダカはハダカイワシ科ということで、小さめの魚には珍しく人間の消化器官では吸収できない脂質を持っています。

アブラボウズなどと一緒です。

イワシなので間違って食べてしまいそうですね(笑)

しかし地方によっては食べている所もあるそうで、バラムツ、アブラソコムツほどえぐいものではないようです。

バラムツ・アブラソコムツ 深海生物紹介
出典:wikipedia アブラボウズと似たような特徴を持つバラムツ。 見た目はアブラボウズより少しイカツイ感じです...
アブラボウズ 深海生物紹介
出典:新江ノ島水族館 でっかいでっかいTHE魚 ボウズ系の中でも割と有名なアブラボウズ。 体がかなり大きく、その大きさはな...

まー食べて当たってしまうと、おしりから脂が・・・・・・的なやつですね(笑)

ぼくは食べません!! たとえビビりと言われようとも!!(笑)

実は・・・・・お腹弱いんです・・・・(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。