バラメヌケ・アカムツ (ノドグロ) ・キンメダイ 深海生物紹介

4

出典:WEB魚図鑑

バラとメヌケでバラメヌケ

深海魚、深海生物の中には高級魚が多くいます。
おいしい魚なのですが、深海に住んでいるのでなかなか捕獲するのが難しいため、高級になってしまうのですね。

ということで、バラメヌケの登場です。

  • 硬骨魚綱
  • スズキ目
  • カサゴ亜目
  • メバル科
  • 生息地域 : 日本海・太平洋
  • 体長 : 約40cm
  • 学名 : Sebastes baramenuke

綺麗な赤色をしていますよね。
このバラメヌケ、漢字で書くと薔薇目抜

きれいな赤色が薔薇の花のようなのでバラという名前が入っているのですね。
ロマンティックです!!

そうなってくると気になるのがメヌケの方ですよね。
しかも漢字が目抜。目が抜ける…

なんだか物騒ですよね。これが実は…

9

出典:WEB魚図鑑


水圧によって何かが飛び出してしまうという深海魚の特徴が名前になってしまっています!!
目が抜けてしまうのでメヌケなんですね。

分かりやすいですが、なんだかかわいそうですね…。

バラメヌケは100mより深い水域に住んでいます。
もちろん200mよりも深い所まで潜るので深海魚の仲間と言えます。わりと浅い水域にもいるのでフィッシングとしても人気です。

なんてったって高級魚ですので!!

この動画の1:16:55あたりからの「そうだ、漁師になろう。」というコーナーでバラメヌケを釣っています。
最後の方で調理もされています。ものすごくおいしそうです!!

実は深海屋…バラメヌケは食べた事がありません!!
なので味の説明できません(笑)

バラメヌケが上がるとすぐに高級料亭に直行するそうで、食卓に並ぶことはほとんどないです。

負けじと高級なアカムツ(ノドグロ)

バラメヌケに少し似ていて、負けず劣らず高級魚であるのがアカムツです。

2

出典:WEB魚図鑑

アカムツは別名ノドグロと言われています。
どちらかというとノドグロという名前の方が一般的なのかもしれません。

  • 脊索動物門
  • 条鰭綱
  • スズキ目
  • ホタルジャコ科
  • アカムツ属
  • 生息地域 : 日本海
  • 体長 : 約40cm
  • 学名 : Doederleinia berycoides

ノドグロは、口の奥が黒いのでノドグロという名前が付いています。
けっこうそのまんまなんですね(笑)

バラメヌケよりは捕獲量が多く、食卓に並ぶこともあります。
深海屋、ノドグロは大好物です!!!

脂の乗ったノドグロの煮付けなどは、ホントに、

バターで煮たんですか??

と聞きたくなるほど美味しい脂で包まれています!!うまいっ!!
うますぎるっっっ!!



すいません、興奮してしまいました(笑)

同じくメジャーなキンメダイ

さらにちょっと似ている深海魚にキンメダイがいます。
キンメダイも高級魚ではあるのですが、バラメヌケ、ノドグロに比べると比較的手に入りやすく食卓に並ぶことも多いです。

5

出典:wikipedia

うん、並べてみると意外と似ていませんでしたね(笑)

  • 脊索動物門
  • 条鰭綱
  • キンメダイ目
  • 生息地域 : 世界中
  • 体長 : 約40cm
  • 学名 : Beryx splendens

キンメダイも実は深海魚なんです。
キンメダイは体に微量の水銀を含んでおり、食べる量を制限されています。

食料として見た場合、キンメダイの体内に含まれる微量の水銀に注意する必要がある。 厚生労働省は、キンメダイを妊婦が摂食量を注意すべき魚介類の一つとして挙げており、2005年11月2日の発表では、1回に食べる量を約80gとした場合、キンメダイの摂食は週に1回まで(1週間当たり80g程度)を目安としている

(出典:wikipedia)

ちなみに真鯛も深い水域まで潜るので、赤い深海魚の仲間と言えます。
鯛も高級魚として有名ですよね。

8

出典:wikipedia

まーとにかく何が言いたかったというと、グッズを作りたいとはではなく、深海に住む赤い魚らしい魚はとってもおいしいということでした(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。