生物図鑑グミ 深海生物編を買ってみた(2)

SONY DSC

生物図鑑グミを開けてみる

さて、ひとしきりびっくりしたフリをしたところで…。

しんかいマン、やっぱり生物図鑑グミをなかなか開けることが出来ません。

子「あ、これ手で開けたら深海魚見えんくなる!!ハサミであけるわ!!」

_DSC8836

いい所に気がつきました。
バカとハサミは使いようです。

まー多分、開かなかったからっていうだけでしょうけど(笑)

チョキチョキチョキ…

そして!!やっとこさ開けることができました!!ここまで長かった…(笑)
お待ちかねの中身です!!

_DSC8839

どおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!!

しっかりとした梱包です。カードもしっかりと袋詰めされております。
グミのほうは硬いプラスチックにフィルムでカバーされています。

とりあえず、カードはダイオウイカでした!!

それではさっそくフィルムを剥がします。

_DSC8849

がんばれ、しんかいマン!!

負けるな、しんかいマン!!

ふう、剥がれました~(親目線)

_DSC8851

深海生物なのに、なんだかおいしそうです!!

中にはカードとグミが六個!何が入っているのやら…

子「一個たべてみていい?」

ぼく「一個だけやぞ」

よくある、ごく一般的な普通の会話です(笑)

一生懸命プラスチックから外そうとしますが、なかなか取れません(笑)
こういう作業が楽しかったりもしますよね。そんなこんなで1つはずれました。

ぼく「ちょっとこっちに向けて見せてみてや」

子「うん、わかった!!」

しんかいマン、なにやら考えています。
どうやらブログに載せるということで、どうやったらカッコよく写真を撮れるか考えているようです。
なかなか頼もしいな、しんかいマン!!

子「よっしゃ、出来た!!」
_DSC8856

どおおおおおおぉぉぉん!!!

…なかなかリアクションが難しい(笑)、でもくっつくって考えたのはすごい。
ちなみにこれはアカドンコのようです。

グミは6個入りが3種類で、全18種類のようです。グミにはしんかい6500はない模様(レアカードのみ)。

子「じゃーこれ、パパの分な!!」
手汗がびっしょりのアカドンコをもらい、早速食べてみます。

もぐもぐ…感想は…。

…うーん、グミっ!!(笑)思いっきりグミですがおいしいです!
おいしいのはおいしいですが、過度の期待は禁物です。

子「じゃあ次はママの分な!!」

_DSC8863

メンダコ!!

子「次はしんかいマンの分!!」

_DSC8867

リュウグウノツカイ!!

_DSC8861

ユノハナガニ!!

_DSC8864

マッコウクジラ!!

_DSC8869

ラブカ!?

あっ!!!!

ぼく「あれ、一個だけって言ってなかったか?」

子「あ!そうやった!」

まー日常的な会話です笑

食べた後は恒例の朗読会が始まります!(笑)
こうやって深海魚、深海生物の知識を仕入れ、深海屋のグッズが生まれていくのでした…(笑)

今回はダイオウイカです。

_DSC8843
※おまけ

グミの食べ終わった容器に水を入れて凍らせると…
_DSC8870

深海魚氷の出来上がりです。アイデア商品!!

_DSC8871

ほぼ一人分、頑張ったら二人分です!!(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。