シロウリガイ 深海生物紹介

1

出典:JAMSTEC

深海には貝類も存在しますが、深海魚、深海生物ではけっこう珍しい二枚貝である、シロウリガイの登場です。
このシロウリガイも、生きた化石と呼ばれる古代種のひとつです。

シーラカンスギンサメオウムガイなどと同じですね。

シーラカンス 深海生物紹介
超有名人 生きた化石シーラカンス 深海魚、深海生物の中では知名度NO.1のシーラカンスです。 知らない人を探す方が難しい(笑) ...
オウムガイ 深海生物紹介
沼津港深海水族館にて撮影 深海生物、深海魚の中で「生きた化石」といえばやっぱりシーラカンスですが、シーラカンスと並ぶくらい有名かつ古代...
ギンザメ 深海生物紹介
沼津港深海水族館で撮影 天使?悪魔?ファンタスティックなキメラ深海魚 深海生物、深海魚の中でも割りと名前を目にする事も多いギンザ...
  • 軟体動物門
  • 二枚貝網
  • 異歯目
  • オトヒメハマグリ科
  • 生息地域 : 相模湾
  • 体長 : 約30cm
  • 学名 : Calyptogena soyoae

インドの聖人のようなヤツ

さて、見た目はまー体が赤いなぁというくらいで別段変わった特徴はないです。
ということで普通に深海に棲んでいるだけの貝だと思いきや…

なんと、エサを一切食べないんです!!

じゃーどうやって生きているのか?
それはアレです。

以前紹介したチューブワームと同じです。

チューブワーム 深海生物紹介
出典:wikipedia 深海のオアシスに棲む謎生物 この意味不明な生物、植物のようにも見えますが、れっきとした深海生物です。 ...

シロウリガイは分厚いエラに硫黄酸化細菌を飼っています。
いや、飼っているというより共存しています。

この硫黄酸化細菌が分解する栄養を吸収し生きています。

はい。
まったく意味不明ですよね(笑)

人間に例えると…口の中に何か菌が住んでいて…仮に虫歯菌にしておきましょう(笑)
その虫歯菌が空気から養分をとって分解し、その分解した栄養を人間がもらうって感じですかね。

養分をもらっているのでごはんを食べる必要が無いって感じです。

あ、なんだかもっとわかりにくくなった気が(笑)
まーとにかくすごい栄養の取り方だということです。

深海生まれメタン育ち

チューブワームは深海のオアシス、熱水噴出孔に生息していますが、シロウリガイは主にメタンを含む地下水が湧き出ている海底に生息しています。
暖かくない水でも十分だということですね。

メタンが含まれているので、まー簡単に言うと冷たい温泉ってとこです。
海底の泥の中でメタンと硫酸イオンが化学反応し、硫化水素が作られるそうです。

その硫化水素を硫黄酸化細菌が吸収して分解し、その栄養をシロウリガイがもらいます。

しかし文字にするとなんだかたいそうですね(笑)

硫黄酸化細菌に栄養をもらうので、なんだか楽をしているようにも思いますが(笑)、実は違います。

硫化水素がないとダメなので、別の餌場へ移動するのはシロウリガイです。
殻をパタパタとさせながらずるずると移動します。

なのでシロウリガイが硫黄酸化細菌を餌場まで連れて行っていることになります。
ほんと持ちつ持たれつ、仲良く共存しています。

ロマンですねぇ!!


シロウリガイの体長は約30cm。
二枚貝としては相当大きいです。

これはエサの乏しい深海で、硫化水素があれば生活出来るという特徴によって成せる技なのでしょうね。
でかくてもエサには困りません(笑)

相模湾で発見されたシロウリガイ

発見秘話でも書こうかと思ったのですが、wikiのほうでうまくまとめられていたので、そちらをどうぞ(笑)

1955年水産庁東海区水産研究所蒼鷹丸によるトロール調査で、東京湾口から相模トラフにかけて延びる東京湾海底谷の水深750m地点から死殻が採集され、1957年に奥谷喬司によって新種として記載された。学名の soyoaeは「蒼鷹丸の」の意。和名は波部忠重による。生きている個体は、1984年になって相模湾初島沖の水深1000-1130mの地点で、しんかい2000による潜航調査によって初めて確認された。現生個体群は相模湾の水深800-1200mの現在活動中の断層に沿って分布している。

日本列島周辺の冷水湧出帯や熱水噴出孔には、相模湾のシロウリガイの他に、浜名湖天竜海底谷のノチールシロウリガイ、テンリュウシロウリガイ、カイコウシロウリガイや駿河湾のスルガシロウリガイ、沖縄本島北部南奄海丘のエンセイシロウリガイ、日本海溝のナギナタシロウリガイなどが生息している。

冷水湧出帯生物群集と同様の深海の化学合成生物群集(Chemosynthetic Community)には熱水噴出孔生物群集(Hydrothermal Vent Community)や鯨骨生物群集が知られ、前者からはシロウリガイと同属のガラパゴスシロウリガイ Calyptogena magnificaが、ガラパゴス諸島近くで東太平洋海膨と直交するガラパゴス断裂帯に生息しているのが知られるが、後者からはシロウリガイ類はまだ知られていない。

(wikipedia)

シロウリガイ、見た目的にはあまり特徴がないので、グッズにすることは難しいかと思われます(笑)
ああ、しかし貝って、工夫すればカッコイイものが作れるかもしれませんね!!

シロウリガイの貝殻がいっぱい手に入ればすごいものが出来るかも!まー手に入りませんが(笑)
これもロマンということにしておきます(笑)

なんだかすごい、3Dグラフィックのシロウリガイの動画がありましたので貼っておきます(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。