センジュエビ 深海生物紹介

1

出典:宝は駿河湾深海にあり!

なんだかちょっと変わった形に見えるこのセンジュエビ。
深海魚、深海生物にはエビ、カニなど、甲殻類がけっこういるのですが、なかなかの特徴を持っています。

  • 節足動物門
  • 十脚目
  • イセエビ下目
  • センジュエビ科
  • 生息地域 : 太平洋、大西洋
  • 体長 : 約12cm
  • 学名 : Polycheles typhrops Heller,1862

センジュエビという名前の由来はと言いますと、千手観音から来ています。

40

出典:日本近代美術社

なぜ千手観音なのか?
別にそんなに手がいっぱいには見えない…と思いますが、違うんです。

普通エビはハサミの付いた手が2本、残りは脚となっていますが、このセンジュエビなんと!!

先端の一対の長い手にハサミがあるのは普通ですが、残りの4対の脚?にもハサミが付いています!!

ハサミが付いているので脚とは言わないかもしれませんね。
まー正確に言うと、先端の長い一対のハサミも手ではなく、脚なので元々全て脚なのですが(笑)

ということで、手がいっぱい付いているということでセンジュエビという名前が付いているのですね。なんだかカッコいい!!

ただ、ちょっと小さめのハサミなので、そこまで強そうには見えません。
いつかバキバキのハサミがいっぱい付いているフル武装エビが発見される可能性もありますね。ロマンです!!

ハサミいっぱいなのにこの扱い…

センジュエビはイセエビ下目ということですが、イセエビ下目の学名がAchelataと言います。
Achelataの意味は、 “A” = 「- が無い」、”chelata”=「ハサミ」で、「ハサミがない」という意味を持つそうです。

え?ハサミいっぱいついていますが??
とも思われますが、やはりガッツリしたハサミがついていないので、ハサミとしては不十分のようですね。

ちょっとかわいそう…などと思われますが(笑)、その他イセエビ下目は、ほんとにハサミが付いていないように見える種が多いので、まー分類的にそうなってしまっているだけのようですね。

イセエビ下目にはイセエビハコエビウチワエビゾウリエビセミエビなど、大型の海生エビ類がいます。みんな丸っこくて可愛いらしい!

2

出典:wikipedia

画像はセミエビです。たしかにハサミはないように見えますね。

センジュエビはイセエビ下目ということで、伊勢エビの仲間なんですね。

3s

出典:wikipedia

おっ、それじゃあこれはとんでもなく高級なエビなのでは?!と思われますが、底引き網で上がることがたまーにあるのですが、食用にされることはほとんど無いそうです。

思ったより身の部分が少ないそうです。
しかし、身は甘く、おいしいとの事。

漁師さん達はみそ汁などにして食べるそうですね。なんだかおいしそう!!

センジュエビの動画、探してみたのですが、例によってJAMSTEC様のサイトでしか見当たりませんでした(笑)
興味のある方はこちらのリンクをどうぞ!!

あああ、エビ食べたい…(笑)

エビ類もクラゲ類と同じで、沢山の種類がちりばめられたグッズとかがあるとカワイイ感じがしますね!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。