チューブワーム 深海生物紹介

2

出典:wikipedia

深海のオアシスに棲む謎生物

この意味不明な生物、植物のようにも見えますが、れっきとした深海生物です。

まるでお花のようで美しいですよね。
いや、美しいとはちょっと違う?(笑)

  • 環形動物門
  • 多毛網
  • ケヤリムシ目
  • シボグリヌム科
  • 生息地域 : 世界中
  • 体長 : 約10cm~3m

チューブワームは主に深海のオアシスと呼ばれる熱水噴出孔や、冷水湧出帯周辺に生息することが多いです。
深海魚、深海生物の命の源でもありますよね。

発見当時は分類上の所属が不明なことから、チューブ状の棲管に入り、入り口から頭を覗かせる姿そのままの形を見て、チューブワームと名づけられたそうです。

わかりやすく言うと、管に入っているミミズ状の虫のような生物ということですね。この名前は英名で、TubeWormと書きます。

植物じゃなくてどっちかというと虫

和名もしっかりと付いており、ハオリムシと言います。
漢字で書くと羽織虫。

語源は先端に紅色のハオリを持つと言うことかららしいのですが、このハオリの意味がいまいちわからないです(笑)
着物の羽織からきているんですかね?まーそうでしょう(笑)

白い管の表面はカニの甲羅のような成分で出来ています。
硬いんですねぇ。様々なものから守ってくれるのでしょうね。

管の先の赤いハオリの部分はエラです。

なぜ赤いのかというと、なんと!!
血液が赤いそうです。血が出るようです。

エラがあって血液が流れているなんて、やはり植物ではなく、深海生物なんだということを再認識させられますよね。

硫化水素が栄養分?!

環形動物ということで、ゴカイ、ミミズ、ヒルなどの仲間です。スキッドワームゾンビワームと同じですね。深海のワーム系はホントに摩訶不思議な特徴がいろいろあります。

赤いハオリの部分、エラからは酸素以外に硫化水素という物質も取り込みます。
これは人間にとっては猛毒です。

熱水噴出孔は深海の温泉のようなものですが、人間の温泉地などでもガスが噴出する事故などがあります。
亡くなってしまった方がおられるほどの猛毒です。

このガスが硫化水素です。
温泉地でたまに匂ってくる、腐った卵のようなにおいですね。

チューブワームは生物なのに、口、腸、肛門などの消化管がありません。
なんてこったい!!

ということは、何かを食べて栄養を補給することが出来ません。

そこで硫化水素です!!
といっても、チューブワームが直接体に硫化水素を取り込んでいる訳ではありません。

実は、チューブワームはその管の内側の身体に大量の微生物を飼っています。
この微生物を硫黄酸化細菌と言います。

この硫黄酸化細菌は、硫化水素の事が大好物なので、チューブワームはうまく共生することで生きています。
すばらしいですね。人間も一人では生きられません。

この構造は光合成に似ているそうです。
植物が「太陽」から「葉緑体」を通してエネルギーを得ているのに対して、チューブワームは「地球の内部の火山ガスである硫化水素」から「微生

物」を通してエネルギーを得ているということらしいです。

うん、正直意味不明です!!!(笑)

しかし、この性質は太陽がなくても生物が生きていける仕組みとして注目されているそうです。
なんだかすごいですね!!

深海に都市を作る計画の番組がNHKで放送されていましたが、最終的には硫化水素を取り込んでエネルギーにすると言う進化を見せてくれるかもしれません!!

構造が似ているだけなので若干強引ですが(笑) ロマンです!!
1]

出典:NHKドキュメンタリー

チューブワームは1977年、ガラパゴス諸島沖の深海で、潜水艇「アルビン号」により発見されました。
発見当初、その様子のあまりの異様さに度肝を抜かれたそうです。そしてもともとは有鬚動物門のハオリムシ綱に分類されたのですが、現在では上記データ通り、環形動物門、多毛網、ケヤリムシ目、シボグリヌム科に分類されるという事になっているそうです。

ちなみに、ガラパゴス諸島で見つかったチューブワームはガラパゴスチューブワームと名づけられました。まんまですね。
その長さ約3m!

こりゃでかすぎますよね(笑)たしかに異様な光景だったのでしょう。

話は変わりますが、ガラパゴスといえば日本ではガラパゴス携帯が有名です。
略してガラケーっていうやつですね。

これは日本だけのガラパゴス化というビジネス用語からきています。これは進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞらえた警句だそうです。簡単に言えば孤立することですね。

スマートフォンを普及させるために、この用語が作られたかと思われます。
ガラケーってなんだかちょっとおしゃれですけど(笑)

ガラパゴス現象とも言います。

なんだかよくわからない用語を作り出してそれっぽく言っているのですね。
うん、僕はなんだかこういうの、苦手です。

世の中には実は単純なことが、謎な用語を使用することでたいそうなことに見せかけているという詐欺のような事例がたくさんあります。お役所なんてその極みかもしれません。

みなさま、注意ですよ…あ、こんな事言ったらダメですかね(笑)
怒られそうなので止めておきます(笑)

まあでも、これも言葉の進化ですね。ロマンなのかもしれません。

九州にチューブワーム発見!

そして、もっとも浅いところに生息するチューブワームは、日本の九州鹿児島湾にて、深度100m以上の浅い海で生息しているサツマハオリムシだそうです。

サツマハオリムシは世界で唯一、室内長期飼育できる種との事です。
JAMSTEC様も、このサツマハオリムシを使って面白い実験をされています。

なんと…
このチューブ状の管を取り外して、人間の使った透明チューブに入れ替えてみよう!

というもの(笑)
ちょっとかわいそうな気もしますが、これが成功すればチューブワームの生体がますます明らかに!!
プライバシーまるでゼロです。

興味のある方はこちらからどうぞ↓(PDFファイルが開きます)
ハオリムシの棲管内構造の観察法

論文のようなものですが、おもしろ画像もついてますので、お時間のある方は是非読んでみてください!

世界中の深海には、まだまだ数多くの種類のチューブワームが存在しているかと思われます。
ロマンです!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。