クラゲダコ 深海生物紹介

1l

出典:Izuzuki海の大図鑑

タコ?クラゲ?カワイイ透明生物

深海魚、深海生物の謎名前シリーズ、クラゲダコの登場です。
クラゲ?タコ?さあどっち!!(笑)

  • 軟体動物門
  • 頭足網
  • タコ目
  • クラゲダコ科
  • 生息地域 : 太平洋
  • 体長 : 約10cm

結論から言いますと、クラゲではありません。正真正銘タコです。

では何故クラゲダコという名前になったかというと、上の画像を見ていただければわかる通り半透明です。
内臓が透けて見えるくらい透明です。そしてゼラチン質。

この特徴はクラゲ以外の何者でもないですよね。

泳ぐ姿もふわふわと泳ぐのでまさにクラゲのような感じです。

透明になると深海では見えにくくなるので、こんな風に進化したのですね。ロマンですねぇ…。

でも、やっぱりクラゲダコはタコです。
ちゃんと脚が8本あります。

一般的なタコは吸盤が2列に並んでありますが、クラゲダコは一列。
メンダコなどと同じですね。

メンダコ 超キュート! あなたのハートをワシヅカミ!
メンダコ 深海生物紹介 宇宙人?未来人?天使?深海のアイドル メンダコ 深海魚、深海生物の中のアイドル!!メンダコです。 パっと見...

2i

きれいですねぇ。
ほんと食べちゃいたい(笑)

筒状の目がチャームポイント!

クラゲダコの特徴といえば、おわかりのように飛び出た目です。
というか、実は飛び出していないのですが(笑)

目が筒状に体の中に伸びているのですが、透明な体のため飛び出しているように見えます。

まるで双眼鏡のようですね。

この目は発達していて、深海でもよく見えているそうです。

しかし!!

せっかく透明な体に進化しているのに、この筒状の目は透明ではありません。
どうやら詰めが甘かったようです(笑)

たぶん、深海では目と内臓だけが浮かんでいるように見えるかと思われます。

いや…それとも赤みがかっているので実は見えないのでしょうか。

これもまたロマンです!!

3K

まぎらわしすぎる奴ら

さて、かわいらしいクラゲダコですが、実はとってもまぎらわしい名前の生物がいます。

なんと!!

タコクラゲという名前のクラゲが存在します!!

いやぁ、まぎらわしいったらありゃしない(笑)

Mastigias-papua[1]

出典:wikipedia
見た目は全然違いますが、傘の下には八本の口腕があります。
ほとんどタコ(笑)

しかし、タコの特徴でもある目や漏斗はついていません。

こちらは正真正銘のクラゲです(笑)
ちなみに浅い水域に住んでいるので深海生物ではありません。

クラゲダコも幼体の頃は浅い水域にいるらしく、クラゲダコとタコクラゲのコラボレーションも夢ではありません(笑)
クラゲなのかタコなのか、というだけでもややこしいですが、タコクラゲかクラゲダコかはもっとややこしい(笑)

いや、見た目はまったく違いますけどね(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。