アカナマダ・テングノタチ 深海生物紹介

1]

出典:WEB魚図鑑

リュウグウノツカイ?!

なんだか見たことあるような気がしますよね、このアカナマダ。
そう、あの深海魚・深海生物のスター的存在、リュウグウノツカイに似ています。

  • 硬骨魚網
  • アカマンボウ目
  • アカナマダ科
  • 生息地域 : 太平洋・大西洋
  • 体長 : 約1~2m

ほんとリュウグウノツカイによく似ていますよね。

なのでリュウグウノツカイの幼体と勘違いされる方もちらほらいるとの事です。
まー激似ですからね(笑)

なぜこんなに似ているかというと、リュウグウノツカイもアカナマダもアカマンボウ目ということで、目レベルの特徴は共通です。

科レベル以降の特徴は、それぞれの種によって異なるようです。
なので、まー同種と言えますね。

他にも似ている竜宮ファミリー

その他、似ている深海魚が何種かいます。

サケガシラ、フリソデウオ、テングノタチなどですね。
みんなアカマンボウ目です。
サケガシラとアカナマダはもっと激似です。

[1]

出典:鳥取県水産試験場
ほら、激似(笑)
体長もほぼ同じくらいです。

サケガシラという名前は、泳ぐ姿をみて、かの有名な鮭さんに似ている(笑)ところから来たと言われていたり、サケを招く縁起の良い魚と言われていたりするのですが、ほんとのところはイマイチわからないそうです。名前を付けた方のみぞ知るって感じですかね。

フリソデウオもアカマンボウ目です。
アカナマダと比べると、ちょっと魚っぽい形をしています(笑)

ここは特徴が似ているというだけで、激似とは言いがたいですね。

022297

出典:WEB魚図鑑

名前はみたまんま、ヒレが振袖のように見えるところから来ています。

アカナマダのトホホな特徴

アカナマダの他種との違いは、やはりこの特徴的な頭ですね。

001[1]

出典:そらいろネット
なんだか四角くてカッコイイ!!
戦艦っぽいですね(笑)

頭突きをすると強そうですが…調べてみた限りではそんな特徴はどこにも書かれていませんでした(笑)

まーたぶん頭突きはしないかと(笑)
むしろ、深海魚によくあるぶよぶよの部分なのかもしれません(笑)
そして、アカナマダの最大の特徴といえば…

あのタコやイカの必殺技!!墨を吐きます!!
ロマンです!!

しかし、口から吐くわけではありません。
なんと、かの有名な…
肛門から墨を吐きます!!

え?

ええええっ?!

それってもしかしてう○こでは…

とも思われるのですが、墨袋から発射されるようで糞とは別口のようです。一安心。

しかし深海で黒い墨を吐いたところで…見えないんじゃ……ロマンです!!

まーでも、体が銀色なので姿をくらませることが出来ると言う事だと思われます。
この肛門墨発射という特徴、さきほど似ている深海魚として挙げたテングノタチも同様の特徴を持っています。
なので、アカナマダに最も近い種はテングノタチなのかもしれません。

テングノタチは頭の形がすごく特徴的です。

Eumecichthys_fiski[1]

head[1]

出典:wikipedia
この頭が天狗の鼻のように見えて、なおかつ全体の形はタチウオのようなのでテングノタチという名前なのですね。
体長は約1mとのことですが細長く、見た目はアカナマダとはだいぶ違います。

ちなみに英名がUnicorn crestfish、ユニコーンクレストフィッシュです!!
カッコ良すぎます!!

ちなみにアカナマダの英名がCrestfish、クレストフィッシュなので、そこにユニコーンが追加された形です。

日本では天狗、海外ではユニコーン、すばらしくファンタジーな名前の持ち主ですね!!

最後に衝撃の事実

ということで、バババっといろいろ紹介させていただきましたが

実は…

みんなアカマンボウ目ということですが…
あのマンボウとはまったく関係がないそうです(笑)
マンボウも数限りなく伝説を残している、実は深海魚といえる種なので、そのうち紹介させていただきますね。

似ているけど違うよーって感じのグッズとかあれば楽しいかもですね(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。