珍獣フェアBLACKOUTに行ってきた(5) 隕石はロマンの塊その2

隕石3

出典:wikipedia
BLACKOUT!に行ってきたついでに、本日は隕石の話をちょっと拡げております。
前回の記事はコチラ

南極は隕石の宝庫

南極の隕石は単に「南極隕石」とだけ言われますが、実はめちゃくちゃたくさん隕石が落ちていて、発見されています。
南極では2010年の時点で、4万8000個の隕石が発見されており、地球全体で発見されている隕石の約70%を占めるとのこと。
拾いすぎ!!!
と、思うなかれ。

隕石を研究しているみなさん曰く、隕石は宇宙や生命の成り立ちを知るためのジグソーパズルのピースのようなもので「たくさんあるから、まあいいや」というわけにはいかないようです。
調べれば調べるほど、宇宙に関してわかってくることがあるようです。

しかし、なぜ南極にここまでたくさんの隕石があるのか!
やっぱ南極だから?
磁力?引力?なんて思ったりもしますが…

実は、あんまり関係ないそうです。
通常、地表に落ちた隕石などは、想像つくかもしれませんが…

「フツーの石との違いがわかりにくい」

そうです(笑)

隕石2

出典:wikipedia
一方、南極の隕石は、氷の上にポツンと落ちているので、一発で隕石だとわかってしまうとのこと。
実際には、地球上、まんべんなくこれまで隕石が落ちてきているみたいですね。

ただ、南極で見つかっている隕石もいろいろありますが、何千万年前かに落ちた隕石などが今も見つかり続けているので、決して頻繁に落ちているわけではないそうです。

アラン・ヒルズ84001という名の隕石

1984年に南極のアラン・ヒルズという場所で発見された隕石の破片が、物議をかもしたことがあります。

この隕石が地球に飛来してきたのは1300万年前から1600万年前の事。
約36億年前に火星で溶岩からできた岩石だそうです。

ふ、古すぎる。
36億年前からずっと宇宙を漂い続け、地球に落ちてきたものが1984年に発見されたんですね。鉱物すごい!!
この時点でロマンのある話なのですが、なぜこの隕石が物議をかもしたかと言うと…

この隕石の破片の一つ「アラン・ヒルズ84001」には、内部から微小なバクテリア、つまり生命体の化石らしきものが発見された、と言われているのです。
1996年、NASAのデヴィッド・マッケイ氏という人が論文を発表しています。

隕石1

出典:wikipedia
これが本当なら…

36億年前に、地球以外の所(火星)に生命が存在していた!という事になります!!
うーむ、もう距離も時間も遠すぎて、完全に実感がありませんが、なんだかマンガのARMSを思い出す話ですね。
これも宇宙から飛来した謎の生物をもとに、繰り広げられるSFです。

ちなみに、36億年前、地球上はどうなっていたか?と言うと、まだ原始生命(バクテリア)みたいなものしか存在していなかったとされています。それから36億年経過した現在…火星に人類のような知能のある生物が繁栄していてもおかしくはないのかもしません…ロマンです!!!

一億年前の恐竜絶滅の原因?

そして、隕石と言えば、やっぱり災害や天変地異のイメージが強いですよね。
これは有名な説ですが、一時期、地球上を圧倒的に支配していた恐竜たちが絶滅した原因の一つが、巨大隕石の衝突と言われています。

火山の噴火と隕石の衝突の二つの説が有力ですが、実際に巨大隕石が落ちた証拠がハッキリとあります。

隕石4

出典:wikipedia
実際にメキシコ、ユカタン半島には直径160kmもある、とてつもなく大きなクレーターが存在します!!!
一億年前に、この大きな隕石が降ってきた際の威力は…

広島に投下された原爆の約10億倍だそうです。

デカさと言い、威力と言い、なんかもう色々とむちゃくちゃです・・・

この隕石によって地殻変動・火山の噴火や気候の大規模な変化が起こり、恐竜も死に絶えてしまったと言われています。

2013年ロシアに落ちた隕石

そして隕石と言えば、2013年のロシアの隕石を覚えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
チェリャビンスク隕石と呼ばれる、この隕石落下は、原因が隕石であると断定されているものの中で、初の大規模な人的被害をもたらしたもの。

これがその当時の映像です。
この隕石落下の衝撃で、南北180km、東西80kmに及ぶ範囲で建物の窓ガラスが割れるなどの被害が起きました。

幸いなことに…というべきか、亡くなった方などはいなかったそうですが、たくさんの怪我人を出しました。
いきなり隕石が落ちてきたら、ひとたまりもないですよね。

この隕石ですら、非常に広範囲で恐ろしい被害を起こしたのですが、大きさは直径17m程度だと推測されています。

と、いうことは、一億年前の巨大隕石はどれだけすごい事になったのだろうと思いますよね。
おそらく、地球上のどこにいても、ものすごい揺れと衝撃だったのではないでしょうか。絶対味わいたくありませんよね・・・
隕石は地球上にまんべんなく降ってきているという事ですので、長い長い地球の歴史の中で、おそらく海の中にも当然大量の隕石が落ちているに違いありません。
今はまだまだ無理かもしれませんが、海底探査・深海探査が進んでいけば、深海からザックザク隕石が見つかってくるかも?しれません。

そうなったら、南太平洋の海底から取れた何十億年前の隕石…なんていう、宇宙と深海の究極のロマン・コラボレーションが実現するかもしれませんね!!
そんなものがあったら、究極の夢のあるグッズになる違いありません。JAMSTECさんに見つけて欲しいですねっ!

番外編はこちら。

珍獣フェアBLACKOUTに行ってきた(番外編) キッズプラザ大阪
さて、珍獣フェアBLACKOUT、しんかいマンと行ってきたのですが、写真や話題にしんかいマンは登場していませんよね。 なぜかと...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。