珍獣フェアBLACKOUTに行ってきた(4) 隕石はロマンの塊その1

meteorite

出典:wikipedia

BLACKOUT!で見つけたオシャレなアクセサリー

今回もBLACK OUT!でのネタでまだまだ引っ張らせていただきます(笑)

BLACK OUT!では基本的に珍獣の生体販売がされていて、グッズなどは結構少なかったのですが、その中でひときわ気になるグッズ屋さんがありました。

主にアクセサリーを販売されているお店だったのですが、珍獣つながりということで、いろんな動物の骨などを加工していらっしゃいました。

それはそれでとってもカッコよかったのですが、今回ぼくが気になって仕方なかったのが、こちら。

meteo1

石です。

しかし、これただの石じゃありません。
隕石です(笑)
はい、ほんとにあの隕石です。

すごい!
こんなものがあるんですね~。

隕石そのままの良さを引き出すような感じのデザインで、ネットで飾り付けをして、ペンダントトップをハンドメイドで作って、販売されていました。

隕石なんてNASAやNASDAが全部回収して、一般には手に入らないと勝手に思ってましたけど(笑)

meteo2

そしてもっとすごいのがこれ。
向かって左側のアクセサリー、これも隕石。

ただこれ、金属質のものなんです!!

隕石って、石じゃないのか?!
と思いますが、金属のものもあるんです。

隕石全体の、ほんの数パーセントが金属のもの(鉄隕石・隕鉄と言われる)らしいですね。
かなり希少です。

中二病をくすぐる隕石たち

英名はmeteorite(メテオライト)!!
「空からの石」という意味らしいです。この時点で中二病を発症しそうになるくらいカッコいい名前!

「石質隕石」
こちらが普通の石の隕石です。
隕石はもともと天体が破壊されたものが地球に降ってきているそうですが、地球で言えば地表やマントル(溶岩)あたりの材質がこの石質隕石になります。隕石の90%はこの石質隕石だそうです。

「鉄隕石」
そして、この鉄隕石。
天体で言えば、内部奥深く、金属が融解してしまった中心部分(核)が元になっていると言われています。
鉄隕石は隕石全体の数%しかありません。原始時代、人類はこの鉄隕石を鉄器として農具などに使っていた事もあるようです。
人類初の金属利用は、空から降ってきた天然の合金だった、というわけですね…ロマンが溢れ出ています。
そして、隕石は宇宙から飛来したものであると同時に、相当古いものらしく、中には何十億年も前の天体のかけら…などというものもあるそうです。
いやぁ…シーラカンスオウムガイが数億年前から生きながらえている種ということで、相当なロマンですが、隕石もなかなか負けてはいません!

隕石のネーミング

鉄隕石

出典:wikipedia
そんなかっこいい隕石ですが、ネーミングの仕方がちょっと面白いです。

隕石ごとに登録がされていて、「○○隕石」
と言ったように、固有名が付けられているそうです。

慣行として、落下地点における配達を受け持つ(郵便区とする)集配郵便局の名がつけられる。隕石が落下中に分解した場合、最も質量の大きい破片が落下した地点を郵便区とする郵便局の名がつけられる。
郵便局の名にすることにしたのは、発見者の名をつけることにした場合、誰が発見者かが争われる場合があるためである。
(wikipedia)

ゆ、郵便局?!
そんなんでいいんでしょうか…なんだか心配になります。

koizumi

郵政民営化!聖域なき改革!

…って、この人が構造改革をやり出した時、隕石の研究者の方々はどんなお気持ちだったでしょう(笑)
隕石研究の聖域は残しておいてくれ!って感じですか…。

郵便局、もしもっと解体されて普通の運送業者と区別がつかなくなってきたら、隕石業界の方は本格的に困ってしまいそうです。

さらに、記録に残っている隕石は世界各地にもちろんあります。
むしろ、日本は国土も大きくないですから、隕石は少ない方です。

隕石はどこに落ちるか分からず、例えば砂漠の只中に落ちた場合、その地域を管轄する警察署や消防署は存在しない場合がある。
しかし、その地域を郵便区とする郵便局だけは、どこの国でもほとんどの場合は存在する。このため、配達受け持ち郵便局の名を隕石の名とすることが世界的な慣行になっている。

世界的に郵便局なんかい!!!(笑)

びっくりです…それでいいんですか隕石関係者のみなさん…

ちなみに、南極に落ちた場合は、総称して「南極隕石」と言われてしまうようです…国家がなけりゃ郵便局もきっとないですもんね(笑)
もし南極で働く郵便局員さんとかいたら、ある意味男前すぎますね…。
おっと、隕石の話が結構長くなりそうなので、今回はこの辺で。
隕石話は次回に続きます☆


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。