エボシナマコ 深海生物紹介

無題

出典:JAMSTEC

しっぽ?帽子?不思議な不思議なエボシナマコ

深海生物、深海魚はへんな生き物、かわった生き物という表現がよくされるのですが、その中でも変わった形といえばこのエボシナマコです。

  • 棘皮動物門
  • ナマコ網
  • 板足目
  • 生息地域: 世界中
  • 体長 : 約20cm

このエボシナマコ、センジュナマコやクマナマコと同様、ナマコ天国に存在することが多いです。

深海あるあるですね。

特徴と言えばやっぱり、このびゅ~んと伸びた突起物。
この部分、どう見ても頭側に見えますが、実はお尻側なんです!!

と、いうことは…尻尾に見えなくもありません(笑)

エボシナマコのエボシは、神社の神主さんなどが被っている帽子、烏帽子にこの突起物が似ているということでネーミングされました。
聖徳太子様なんかも被っておられますね。

まーそんな似てないだろうと思ったのですが…

08[1]

出典:徳川美術館

案外似ていますね(笑)

この突起には、船の帆が風を受け止めるように、水流を受け止めて移動するという特徴があります。
ナマコは自分で歩くとゆっくりとしか動けませんが、水流に乗るという荒業によって、ナマコにしては高速移動ができるのですね!!
…あくまでナマコにしてはですが(笑)

これは進化だったんですね!!…ロマンです。

目の付け所が…さすがしょこたん

たしかに愛嬌もあるし可愛らしいのですが、そんなに人気は無いだろうと思っていたら…

なんと!!

あのしょこたんこと、中川翔子さんのイチオシ深海生物のようです。

以前、ご紹介させて頂いたのですが、あの伝説の神番組「飛び出せ!!科学くん」の中でしんかい6500に乗り込みダイブするという一般人には到底出来ないうらやましいことを達成なさっているのですが、その時にエボシナマコにも遭遇しています!!

あの伝説のブログ、しょこたんブログでも紹介されています。

50cm近くあったそうです!!
そんなでかいのもいるのですね。

まだまだ深海には謎とロマンが詰まっております!!

エボシナマコも口の周りに触手があり、泥の中の有機物を食べて生活しているようです。
やはり風の谷のナウシカの王蟲に似ている…これ、ナマコ類全部いってしまいそうなのでこの辺で封印です(笑)

エボシナマコグッズもちょこちょこありましたね!
ナマコ類まとめて勢ぞろいさせたグッズなんてかわいいかもしれませんね~!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。