沼津港深海水族館へ行ってきた 番外編 深海ドロップス

さて、もう沼津港深海水族館へ行ったのはずいぶんと前になってしまったのではありますが、記事にしようと思っていたものがあったのを忘れていました(笑)

旅行へ行った時には付き物のおみやげです。

今回、我が息子しんかいマンへ買って帰ったおみやげは…


どおぉぉぉぉぉん!
IMG_2095


深海ドロップス!!

またの名を…

なめてみるまで何味かわからない 真っ黒ドロップス!!(なんじゃそら)

なんだかよくわからないという深海生物、深海魚の特徴をうまくとらえた?謎の一品を購入してみました!!
とりあえずパッケージはすさまじくカワイイですね!

裏側も…

IMG_2097

なかなかのインパクトです!!絵がリアルでイイ!

深海成分入り!?ドロップをサーチ

とりあえずSERCH(サーチ)しなければなりません(笑)
まずは内容成分をサーチしてみましょう。

無題

とりあえず日本でしか使用されない赤106などといった着色料は含まれていないようです。

まー真っ黒らしいので当然といえば当然ですかね(笑)
これら着色料は毒物ということで海外では使用禁止になっている国も多いです。しかし日本ではまだ禁止はされていません。
詳しくはここでどうぞ。

過度に摂取しなければ大丈夫と言われていますが、わざわざわが子に食べさせようとは思いませんよね。
しかしビビリすぎるのもよくありません。物事は全てバランスです!!
あ、なんか良い事言っちゃった(笑)

お次は逆サイドをサーチしてみましょう。

IMG_2102

  • すべての味が揃わない場合がございます。
  • 深海生物は入っておりません。



だそうです(笑)

まーあれですかね。俗に言うクレーマー対策にこの文言が入っているのでしょうけど(笑)

しかし、もし深海生物がここに入っていたら…

ロマンすぎます!!もう行き過ぎて確実にマロンです!!(またやっちゃった 笑)

なんならそのまま育てちゃいますよね(笑)

サクマドロップスばりのベタなパッケージ

さて、恒例のしんかいマンパッケージ開封コーナーです(笑)

IMG_2104

まずはしっかりとテープ止めされているので

それを剥がしていきます。

IMG_2108

なかなか上手に剥がれました!!

そして次の段階、サクマドロップスの缶と同じ方式になっておりまして、子供の力ではなかなか難しいです。金属の蓋でしっかりと封がされています。

ここはアレが必要ですね。親子での共同作業です!!
こういうのがあった方が楽しいですよね。ありがとう株式会社ニュートラルコーポレーション様!!(笑)

ということで開きました!

IMG_2115

どどおぉぉぉん!!

スプーンなどの柄の部分や、マイナスドライバーなどでこじ開けると簡単に開きます!

真っ黒なドロップのお味の方は?

さて、肝心の中身です!!

IMG_2119

おお、予想通り!!というか記述どおり真っ黒です!!

さっそくしんかいマン、お口へ運びます。

いざ、深海の世界へ!!
あああ~ん!

1

甘い香りと味が口いっぱいに広がっていきます。
さて、こいつは一体誰だったのでしょうか…

IMG_2131

ブルーベリー味!!
ということはチョウチンアンコウのようです!(笑)

こんな感じで味→深海魚の種類を推測していくんですね~☆
なかなかゲーム性があります。

それでは失礼して…深海屋もパクリ!

IMG_2134

まー別に顔隠す必要もないのですがおもしろいので!なんか深海魚っぽく…(笑)
パッとマウスで書くのでいつも変な感じですいません!

そしてお味は…

IMG_2136

ヨーグルト味!!
ということはあの古代魚、ラブカです!!

いやぁ当初は、正直グッズというか、お土産としてどうかなと思っていました。
だって、真っ黒なだけで深海魚の形もしていない飴ちゃんですよ(笑)

これ、絶対ハズレやろ…でも興味をそそられる…

と思って購入してみましたが、子供といっしょに食べるとかなり楽しいです!!
深海魚の謎な部分、はちゃめちゃな部分がある意味うまく表現されていると思います。

味でどの深海生物かをサーチするのも楽しいです。
実は味を判別するのにもなかなか感覚が必要なんですよ。なんせ見た目は全て同じですから!!

芸能人格付けチェックでも、視覚を奪われると味がわかりにくいという事も証明されていますよね…味覚を鍛えるアイテムとしても使えるかもしれません(笑)

ただこれ…

あくまで子供といっしょに食べることをお勧めします!(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。