シギウナギ 深海生物紹介

IMG_1994

(沼津港深海水族館で撮影)

謎な見た目とくちばしのシギウナギ

沼津港深海水族館で出会った~シリーズ第3弾!!

まー標本にしか出会っていませんが(笑)
うなぎという事で、長い体を持つシギウナギ。

深海生物、深海魚なだけあって不思議な体を持っています。

  • 硬骨魚網
  • ウナギ目
  • シギウナギ科
  • 生息地域 : 世界中
  • 体長 : 約140cm

ご覧の通り、長い嘴(くちばし)のような口をしています。

そして嘴の先っぽが上下に反り返っております!!
なのできっちり噛み合わせすることは不可能です。

なぜこのように進化したのか?ロマンです(笑)

この長い嘴にはずらりと歯が並んでいます。なかなか便利そうです。
しかし先っぽが反り返っているのでどうだろう?(笑)

シギウナギ1]

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/)

実は便利なくちばし

と思ったのですが、主にエビなどの甲殻類のヒゲなどを、この長い嘴の中の細かい歯に引っ掛けて捕食すると考えられています。聞いて納得。

たしかに引っ掛けやすそうです!
しかも先っぽが反り返っているので広範囲に引っ掛けられますよね。

やはり進化は裏切りません!!

ただ捕食シーンを見たことが無いので…引っ掛けた後、どうやって食べる所まで持っていくのかはわかりません。
想像はできますが…やはりロマンも裏切りません(笑)

しかし、いかんせん細い体なのでアゴも細いです。
捕まえた獲物が強力すぎるとアゴや嘴が取れてしまうこともあります。

なんだか痛そう・・・

漁師さんの網や深海調査のためのロープに、シギウナギのアゴだけ付いてくることもあるそうです。

長いのは体?それとも…

Nemichthys_scolopaceus[1]

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/)

このシギウナギ、長い体と言いましたが実は違うんです。

胸ヒレのすぐ横になんと!!肛門があります。
ということは…胸ヒレの後ろからの部分は全て尾っぽという事になります!!

いやぁ、尾っぽなげぇ(笑)

もし、この理屈で行くと嘴もあわせた体部分の約10倍もの尾を持つということになります。

なんだかすごい!!

しかしこれもまた、人間の理屈でしかありません。
深海ではなんでもアリなので、別に顔の横や頭の上に肛門があってもなんら不思議はありません。

かの有名なDrスランプアラレちゃんニコちゃん大王のように!!(笑)

41242142124412[1]

出典:http://girlschannel.net/topics/50097/

ぼくの感覚的には、たぶんいきなり細くなっていく部分あたりからが尾っぽだと思うのですが…

全てロマンです!!

そしてなんと!!

3本もの側線を持っています。

水の振動を感じることが出来る器官ですね!!
以前紹介したホソミクジラウオなんかも持っているあれです。
人間の耳も空気の振動を感じて音を認識するので、もしかしたら感覚的には音に近いのかもしれませんね。
どんな風に感じるのかは、まったく判りませんが…(笑)

しかもそれが3つも付いている!!シギウナギさん絶対音感確定?!なのかもしれません(笑)

シギウナギは蛇のように体をくねらせて泳ぎます。

しかし、実はあまり泳がないそうです。
頭を上や下に向け、縦方向にじっとして獲物が来るのを待っていることが多いそうです。
いつもの深海の知恵ですね~。

平べったい幼魚時代をすごすシギウナギ

そしてこのシギウナギも変態さんです(笑)
幼魚時代を透明で平べったい体で過ごします。

LeptocephalusConger[1]

出典:wikipedia(https://ja.wikipedia.org/)

※画像は普通のウナギの幼魚です。

この幼魚姿をレプトケファルスと言います。なんだか難しい名前です(笑)

カライワシ上目ウナギ目フウセンウナギ目カライワシ目ソトイワシ目)などで見られる幼魚時代のようです。

変態バンザーイ!(笑)

このレプトケファルス、すこし高級な割烹料理屋さんなどで出されているところもあります。
のれそれとかはなたれとか、いろいろ地方によって呼ばれ方が変わります。

シギウナギではなく、ほとんどは普通のうなぎの稚魚ですが。
三杯酢などで頂きます。

コレ、ぼくは食べた事があるのですが、正直成長してから食べたいです(笑)
その方がおいしく頂けますし、幼魚を捕ってしまうと数が減ってしまいますもんね。

そして恒例のグッズ検索ですが…
ぬいぐるみとポストカードはありましたがまだまだ知名度が低いようでした。

何か考えてみたいですね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。