ホンフサアンコウ 深海生物紹介

IMG_1905

可愛すぎるヒレは完全に手!

数々の深海生物、深海魚を飼育しておられる沼津港深海水族館。

[ 関連リンク ]
沼津港深海水族館に行ってきた 1
沼津港深海水族館に行ってきた 2
沼津港深海水族館に行ってきた 2

その沼津港水族館でご対面してきたホンフサアンコウ!!お約束通りご紹介です!!
いやぁ、かわいすぎて心奪われまくりました(笑)

  • 条鰭綱
  • アンコウ目
  • フサアンコウ科
  • 生息地域 : 世界中
  • 体長 : 約20~40cm

体がまるくて眼が大きいのはカワイイの定説です。カワイイは正義!!
それだけでもキュートでかわいいのですが、画像をご覧ください。

IMG_1908
(沼津港深海水族館で撮影)

どう見ても立っています(笑)

なにこれw足ですか?ヒレですか?(笑)
しかもこのままちょこちょこ歩いたりするんですよ!!天使ですね(笑)

この動画をみて確信しました。それ、前足でしょ。
犬っぽい(笑) お手っ!!

発光しない疑似餌、棘のついた体

そして頭には疑似餌がぴょろっとついています。輪っかだったら確実に天使ですね(笑)
チョウチンアンコウの様ですが、この疑似餌は残念ながら発光しないようです。

基本海底でじっとしていてこの疑似餌を動かし、だまされた獲物をぱくっと捕食します。
この口、ガバっと大きく開きます。

P1010911_convert_20120212201051[1]
http://welovebluemarlin.blog.fc2.com/より引用)

ほとんど上向きになっている口ですが、垂直に開くそうです。
たぶん食いしん坊さんだと思われます(笑)

体は分厚くてやわらかな皮膚に覆われており、小さな棘が無数についています。

f0041021_14181352
http://ononini.exblog.jp/より引用)

ハリセンボンみたいですね。またはヘルレイザーのピンヘッド(笑)

e217db91[1]

この画像をみると天使だった面影はあまりありませんね(笑)

そして危険が迫ったり怒ったりすると、水を吸い込みフグのように膨らみます。

やはりハリセンボンみたいです(笑)

jg[1]


(http://mimozubora.o.oo7.jp/zukan/zukan2/husaankou.htm/より引用)


これはこれでカワイイ(笑)

出会えるタイミングの多い深海魚

このホンフサアンコウ、実は昔からいろいろな水族館で飼育、展示されていました。

関西では和歌山の白浜水族館三重の鳥羽水族館などなど。
関東でも新江ノ島水族館、深海屋が出会った沼津港深海水族館などなど。

しかしやはり深海魚のため、そんなに長くはご存命されていないみたいですね。
みなさま、今なら沼津港深海水族館で出会えますよ~!!

ちなみに日本が誇るダイビングスポット、伊豆の大瀬崎でダイビング中に見かけることがあるそうです。
聖地・駿河湾に面しているのですね。

ネット情報では10年に一度ホンフサアンコウに出会えるということですが(笑)

いろいろ見ていたら、こんなのもダイビング中に見かけることがあるみたいです。



いやぁ、出会ってみたいです!!うらやましいです!

そういや沼津港深海水族館にホンフサアンコウグッズはなかったですね。
売り込みにいってみようかな(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。