【※少しネタバレあり】シン・ラブカが沼津港深海水族館に登場…らしい…!

2

話題沸騰中の映画「シン・ゴジラ」を鑑賞してきたばかりの深海屋一家。

その時の様子がこちら↓

エキスポシティーに行ってきた その7 (シンゴジラ編)
エキスポシティー探検記第7回目、今回はついに完結!! シンゴジラ編、行ってみたいと思います。 ...

物語の内容もさることながら、ゴジラが第一形態、第二形態と変態さんばりに進化していく過程が非常に興味深く、見どころの一つでした!

そしてパッと見で絶対にゴジラだとわからない第二形態がこちら。

3

出てきた瞬間、おそらくほとんどの方がゴジラだとは気づきません。

それぐらい見た目が一般的なゴジラ像とはかけ離れているんですね。

目が大きく見開かれていて、エラがあり…まるで深海生物ではありませんか!!!


という話をしていた矢先、面白い話題が入ってきました!!

なんと聖地・沼津でも…


そうです。
我らが深海魚・深海生物好きにとっての聖地である世界唯一の深海魚専門水族館、沼津港深海水族館のツイッターで、このような発言が!!

シンゴジラ第2形態のベースがラブカだったとは…

って、やっぱり思いますよね?!(笑)

そしてさらに続きます。

なんと!
手作り感満載の「シン・ゴジラ」ならぬ、「シン・ラブカ」のポップ!

沼津港深海水族館がシン・ゴジラに乗っかって作ってしまったようなのです。

このポップが話題になりすぎて、ヤフーニュースに掲載されてしまうほどでした(笑)
さすがです!!

やはり沼津港深海水族館のスタッフさん達の間でも「あれはラブカだ!」という話になり、作るに至ったのだとか。

館長:シン・ゴジラの公開後に職員から「あれ(シン・ゴジラ第2形態)はラブカじゃないか?」という話を聞いていて、私も昨日映画を観てから「ラブカに違いない」と確信しました。監督さんらの「(ラブカを)意識した」という話を聞いたりしていたので、売店の女性店員さんに頼んで作ってもらいました。

(出典:ねとらぼ

う~む、やっぱり石垣館長をはじめ、深海魚・深海生物好きは同じ事を感じたようですね(笑)
そして、深海魚・深海生物好きの方々はかなりの割合で「シン・ゴジラ」をワクワクしながら見ているに違いありません!!

シン・ラブカのポップはいつまで掲示されているのかわかりかねますが、お近くの方は是非ナマでシン・ラブカを御覧ください!!


↑ブログランキング参加しております。宜しければポチッとCLICKお願い致します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。