ワニグチツノザメ 深海生物紹介

8

久々の超かっこいい系の深海魚、深海生物です。ワニグチツノザメの登場です。
なんでしょうか、このかっこよさ(笑) 完全に特撮系ですね。

  • 脊索動物門
  • 軟骨魚綱
  • ツノザメ目
  • カラスザメ科
  • 生息地域 : 日本近海
  • 体長 : 約50cm
  • 学名 : Trigonognathus kabeyai

この顔、なんか見たことあるなぁと思っていたら…あれですね!!ガメラです!!

平成ガメラの「ガメラ3 邪神覚醒」という映画の中に出てくるトラウマガメラのようですね。

1

似てるような似てないような・・・・・(笑)

ガメラは子供の味方でいいですよねっ!!
・・・・・あ、脱線しそうなのでこの辺で(笑)

ワニグチツノザメという名前ですが、ワニっぽい口なのでワニグチですね。まんまです。

そしてツノの部分ですね。

まーツノザメ目なのでツノザメなのですが、2基の背ビレには1本ずつ棘があり、これがツノの部分になっているとかいないとか(笑)

そして腹面には発光器を持っています。
これはあれですね。腹面ということでテンガンムネエソツラナガコビトザメなどが使うカウンターシェーディングを使えるという事ですね。

0

出典:古世界の住人

テンガンムネエソ 深海生物紹介
出典:wikipedia 久々のエソ系の登場です。 テンガンムネエソです。 やっぱりエソ系はかっこいいですね!! ...
ツラナガコビトザメ 深海生物紹介
出典:しずおか みんなのしぜんたんけんちょう 以前鳥羽水族館で標本を発見したツラナガコビトザメの登場です。 名前の通り、...

そしてワニグチツノザメの一番の特徴、なんと!!

前顎が飛び出します!!!
飛び出すといえばあれですね。かの有名なミツクリザメと同じ特徴
を持っています!

ミツクリザメ 深海生物紹介
我らが深海生物界の人気者 ミツクリザメ 世の中にはサメが好き!!って方が多くみられるようです。 ココリコ田中さんなんかが有名ですよね...

まずは普通の状態。

3

出典:カンチョのヨタヨタ日記


この姿だけでも心奪われるくらいかっこいいのですが・・・・

5

どおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉん!!!

か、かっこいい・・・・・・(笑) なんなんでしょうか、やりすぎです(笑)
これはグッズとしてフィギュアを作りたいくらいかっこいいですね!!

その他、体の特徴はwikipediaの方でうまくまとめられていました。

細い顎と針のような歯が特徴である。

体型は細い円筒型。頭部はある程度平たく、吻は非常に短く丸い。眼は大きく楕円形で、その後方には細い楕円形の噴水孔がある。鼻孔はほぼ垂直なスリットである。顎は長く、幅の狭い三角形で、ミツクリザメのように頭部から突出させることができる。歯は針状で広く間隔を開けて並び、最前方の歯には縦の溝がある。片側の歯列は上顎で6–10、下顎で7–10。両顎の中心には癒合した正中歯が1列ある。正中歯が最大で、口角に向かうほど歯は小さくなる。口を閉じた時、正中歯は重なるが、他の歯は上下が交互に噛み合う。鰓裂は5対で、第5鰓裂は他より長い[2][3]

各鰭は小さく非常に薄い。胸鰭は丸く葉状。背鰭は2基で、第一背鰭は胸鰭と腹鰭の中間付近に位置する。各背鰭には僅かな溝のある棘があり、第二の棘は第一より長い。臀鰭はない。尾柄には隆起や凹窩はない。尾鰭上葉は下葉より大きく、後縁には欠刻がある。皮歯は体表を密に、不規則な並びで覆っているが、重なり合うことはない。各皮歯は膨らんだ菱形で、冠部には10–40の切面がある。体色は茶色から暗褐色で、腹面には3箇所の明瞭な黒い模様がある。これらの模様は微小な発光器を高密度に含んでいる。体の他の部分にも発光器が疎に散らばる。上瞼には皮歯のない半透明の箇所がある。鰭は半透明で、尾鰭上葉の先端は黒くなる。最大で、雄は47cm・0.43kg、雌は54cm・0.76kgになる[2][3]

なんと!!
噴水孔まで付いているということです。かっこいいにもほどがありますね(笑)

ワニグチツノザメの学名のkabeyaiという部分ですが、これは初めて捕獲した漁師さんの名前が付いているそうです。
学者様ではなく漁師さんの名前が取られているのですね。

1986年、蒲郡市の形原漁港に所属する深海底引き網漁船「精漁丸」により最初の個体が捕獲された。これは潮岬沖の水深330mから得られた22cmの未成熟雄で、タイプ標本として指定されている。第二の個体は徳島県日和佐町沖の水深360mより採集された37cmの個体で、これも未成熟雄であった。1990年の”魚類学雑誌”において、東京大学の望月賢二と大江文雄により新属新種として記載された。属名Trigonognathusギリシャ語trigonon (三角形) 、gnathus (顎) に、種小名kabeyaiは精漁丸の船長の名に由来する[3]

しかしあれですね。ワニグチツノザメは絶対アイドル深海魚になれるポテンシャルを持っていますね!!!


↑ブログランキング参加しております。宜しければポチッとCLICKお願い致します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。