スソウミヘビ 深海生物紹介

9

出典:WEB魚図鑑

深海魚、深海生物は変わった種類のものが多いですが、今回は珍しいウミヘビの仲間です。
ウミヘビといえばとっても怖いイメージがありますよね。

  • 硬骨魚綱
  • ウナギ目
  • ウツボ亜目
  • ウミヘビ科
  • 生息地域 : 太平洋・日本海・東シナ海
  • 体長 : 約50cm
  • 学名 : Ophichthus urolophus

二種類のウミヘビ

上記データを見ていただけたら分かる通り、ウナギやウツボの仲間です。

ん??ウミヘビじゃないの?と思ってしまいますが、ウミヘビ科、ウミヘビ属なのでれっきとしたウミヘビちゃんです。

実はウミヘビは2種類に分かれているそうです。

鱗があるのが爬虫類のヘビ亜目に分類され、怖くて毒を持っているタイプは大体こっちですね。

こちらはクロガシラウミヘビと言いまして、かなり強い毒を持っています。
噛まれると死亡してしまうこともあります。ちなみに深海生物ではありません(笑)

そして、鱗がないのがウナギ目に分類され、魚類になります。
魚類なので、胸ビレなんかがあったりもします。

なんだか全く違う生物っぽいので、名前を変えてしまった方がいいような気がしないでもないですが、蛇はカッコかわいいので正義です(笑)これもロマンですねぇ…。

ちなみに、下の動画でゴイシウミヘビという魚類の方のウミヘビを釣っておられるのですがこの姿を見るとほんとウミヘビ感が満載です。
ちなみにこちらも深海生物ではありません(笑)

全然大丈夫だと思われるのですが、一応調理シーンが含まれるため…

※閲覧注意

ウロコのないウミヘビ

ということで、このスソウミヘビ、ウロコがありません。
なので魚類タイプのウミヘビですね。

正直見た目はどちらかというとアナゴやウツボに近いですね。
そして毒を持っていません。

7

しかし毒を持っていないからといってあなどってはいけません。

実はけっこう凶暴なんです。

アゴの力が非常に強く、噛み付かれようもんなら指くらいは持っていかれる可能性があります。
この辺はウツボに近いようですね。

そしてスソウミヘビ、普段は砂の中に潜り過ごしていますが…食性は肉食性。
甲殻類や魚を捕食し、腐肉も食べます。

腐肉も食べます…。

腐肉も食べます!!きゃあああああ(笑)

コンゴウアナゴヌタウナギなんかと同じでホラー感をかもし出してみています(笑)

コンゴウアナゴ 深海生物紹介
深海のサイコスリラー!!コンゴウアナゴ 深海魚、深海生物の中のホラーキャラ!!コンゴウアナゴです。 スペックはこちら。 ...
ヌタウナギ 深海生物紹介
ぬめぬめの塊!恐怖ヌタウナギ 様々な深海生物紹介をやってきましたが、わりとメジャーどころを記事にするのを忘れてました(笑) 深海...

しかしこれは食物連鎖にとって大事な役割を果たしているのですね。

やっぱり漁師さんには嫌われがち

底引き網でけっこう掛かるそうなのですが、元気が良すぎて他の魚に噛み付くので漁師さん達には嫌われ者だそうです。

水族館でも何度か飼育、展示されているので、もし見かけたら

「あ、こいつ、腐肉食べるんやで!!こわいやろー」

と一緒に行った人にアピールしてみて下さい。
たぶん、たぶんですが、嫌がられます(笑)


↑ブログランキング参加しております。宜しければポチッとCLICKお願い致します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。