オニボウズギス 深海生物紹介

深海生物-36[1]

出典:alovei

食い溜めしすぎて腹がおかしな事に

今回もなんてこったい生物をご紹介します。

深海魚、深海生物界の食い溜め王子、オニボウズギスです。

  • 硬骨魚網
  • スズキ目
  • クロボウズギス科
  • 生息地域 : 太平洋、インド洋、大西洋
  • 体長 : 約10~30cm

上の写真、お腹が膨らんでいるように見えますよね。正解です(笑)

ウチワフグのように、自分でコントロール出来るわけではありません。

捕食するとお腹がバフンと膨らむんです!!胃袋ごと膨らんでいます!

行き過ぎた大食い…規格外の胃袋の持ち主

普段は普通にスリムな体つきをしています。

無題

出典:youtube

見た目的には普通…ではないですね(笑)
鋭い歯を持っており、どちらかというとエソ系な姿形をしています。

上の写真の上側が普段のオニボウズギス、下が捕食後のオニボウズギスです。

膨らんでますねぇ。
しかし、これはまだまだかわいいもんです。

口は大きく開けるのですが、フクロウナギほどではありません。

なので、そこまで大きい獲物を食べるのは無理だろう…と思いきや!!

たしかに単純にでかいのは無理ですが、長い系の深海生物は飲み込みます!
まるごといってしまいます!!

そして尋常じゃないほどの膨張率でお腹が膨らみます。

そうすると、この有名な?オニボウズギスの姿になるわけです。

Chiasmodon_niger[1]

出典:wikipedia

お腹が伸びて膨らんでいるので、風船を膨らましたように皮が薄くなりお腹が半透明な状態になってしまいます。
なので、捕食した獲物が透けて見えている事もしばしば。。。

そして風船状態なので、食べ過ぎたり、お腹の中で獲物が暴れてしまい、お腹が破れてしまう事もしばしば。。。。。

なんだか痛そう…

しかし深海では捕食できるチャンスが少ないので、食べるときに食べて、なんなら食い溜めしてみようという進化が生んだロマンだと思われます!!

それにしても、時にはお腹が破れるほどの食い溜めってやりすぎかよ!って感じですね(笑)

オニボウズギスのお腹パンパンダイジェスト

若干中身が透けている画像や、破れちゃってるものもありますのでホントに念のため…

※閲覧注意!

グッズ作るの難しそうだなぁ…なので何か考えてみます(笑)


↑ブログランキング参加しております。宜しければポチッとCLICKお願い致します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。